Photo: Riot Games

ライアットゲームズは『リーグ・オブ・レジェンド』でスターガーディアンのスキンシリーズが7月15日に再登場するイベントを開催すると発表している。

『リーグ・オブ・レジェンド』ではアニメーション動画、ゲーム内イベント、新しいゲームモードを通してスキンテーマを紹介することが多い。今回、デンマークとフランスに拠点を置くサンクリーチャースタジオが制作した約1分間のアニメーション動画では、スターガーディアンをテーマにしたスキンシリーズが『リーグ・オブ・レジェンド』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』 に再び登場することが告知されている。

トレイラー動画では、日本のアニメにインスピレーションを受けた学校や地域の街並みなどのシーンが描かれており、後半部分では制服を着たピンク色の髪の人物が、スターガーディアンのエンブレムが付いたネックレスを着けている姿がお披露目されている。これはセラフィーンの新スキンなのではないかと推測する声や、髪の色は既存のラックスのスキンに似ているとする声があがっている。

トレイラー動画はこちらから。

スターガーディアンのテーマはセーラームーンを連想するデザインとなっている。『リーグ・オブ・レジェンド』のファンの間では、ゲーム本編の世界で展開する物語はキャノン(Canon/正典)と呼ばれ親しまれているが、スキンテーマの中にはキャノンと異なる「もう1つのユニヴァース(世界設定や物語)」にちなんだものもある。例えば、音楽に関連したユニヴァースもあり、ライアットゲームズはこれまでに、同作のキャラクターで構成されたK/DA、ペンタキル、トゥルー・ダメージなどのバンドのアルバムをリリースしている。スターガーディアンのユニヴァースでは、高校生たちが宇宙の守護者になる物語が展開される。

ライアットゲームズのコンセプト・アーティストであるヴラッド・バチェスクはトレイラー動画を引用して、「これまで取り組んできたものが遂に公開され、非常に嬉しく思ってます。楽しみにしてください」とツイートしている。

スターガーディアンのスキンは『リーグ・オブ・レジェンド』で最も人気のあるスキンの1つとなっている。トレイラー動画「ヴァロランシティへの帰還」では、スターガーディアンのユニヴァースでメインとなる舞台が描かれている。2017年にライアットゲームズはヴァロランシティを舞台とした期間限定モード「スターガーディアン」をリリースしている。

どのチャンピオンにスターガーディアンのスキンが登場するのかは、現時点では明らかになっていない。アーリ、エズリアル、ジャンナ、ジンクス、ルル、ラックス、ミス・フォーチュン、ニーコ、ポッピー、ザヤ、ラカン、ソラカ、シンドラ、ゾーイには、過去にスターガーディアン・スキンが登場している。しかし、今回のスキン・シリーズに加わる可能性のあるチャンピオンは、まだ数多く残っている。

イベント「ヴァロランシティへの帰還」は『リーグ・オブ・レジェンド』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』で7月15日から開催予定となっている。

その他のニュースとして、オープンワールド型サバイバル・ゲーム『ラフト』の早期アクセス版の配信が終了し、大型のアップデートの追加と共に正式にリリースされている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ