Photo: Allen Berezovsky / Contributor / Getty Images

ニンテンドー・オブ・アメリカの前社長であるレジナルド・フィサメィは任天堂は旧型家庭用ゲーム機でまだ手の付いていないコンテンツを前面に押し出す方針を取るべきとの考えを示している。

現地時間6月16日の『CNET』とのインタヴューで、レジナルド・フィサメィは数々の名作ゲームを収録したニンテンドーミニ クラシックなどの家庭用ゲーム機について尋ねられている。

その後、任天堂は過去のタイトルやコンテンツ全般をどのように活用していくべきかについても語っている。

「もし私が1日だけ任天堂に戻ることになったら、これまでの素晴らしいコンテンツを活用して、どのようにNintendo Onlineを通じてコンテンツを消費者のもとへお届けするかに注力するでしょう」

「そこにチャンスがあるのです。任天堂にはまだ活用できるNINTENDO64のコンテンツがあります。ゲームキューブのコンテンツやWiiのコンテンツも活かせます。デジタルでコンテンツが消費者である皆さんのもとに届く未来を予想しており、このチャンスを活かしたいと考えています」

レジナルド・フィサメィは新著の出版に伴い、メディアへの露出が増えている。各メディアで彼は自身がいかにブロックチェーン・ゲーム(NFTゲーム)の可能性に期待しているかや、任天堂が『エフゼロ エックス』シリーズを復活させる可能性について語っている。また、『マザー3』海外版はビジネスのニーズが原因でリリースできなかったと明かしている。

『マザー3』が海外向けに発売されないのはショッキングな内容が関係しているのではないかとインタヴューで尋ねられると、レジナルド・フィサメィは次のように答えている。「ゲームの内容と、マザー3が日本以外で発売されない理由とは全く関係ありません。すべてはビジネスのニーズとその当時の経営状況に基づくものです」

その他のニュースとして、Wii用コントローラーをぬいぐるみの中に入れて操作するゲーム「ウィーワー(WiiWaa)」の開発中止後にモバイルゲーム『ウィーワー・ロックオン』として生まれ変わった歴史がYouTubeチャンネル「ディドゥユーノウゲーミング?」で明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ