Photo: Konami

2006年公開の映画『サイレントヒル』の監督を務めたクリストフ・ガンズがインタヴューの中で、コナミが『サイレントヒル』シリーズのリブート版を開発中だと発言している。

インターネット上では『サイレントヒル』シリーズの復活について様々な噂が流れており、最新作が近日発売予定との噂や、コナミがホラーゲームに定評のあるブルーバー・チームと戦略的提携を結び『サイレントヒル』シリーズ最新作の指揮をとるのではないかという憶測が飛び交っているが、思わぬところから新情報が明らかになった。

『PCゲームズN』によると、2006年に公開された実写映画『サイレントヒル』の監督を務めたクリストフ・ガンズは、フランスのゲームニュースサイト『ジュアクチュ』のインタヴューで、コナミがホラーゲームの『バイオハザード7 レジデント イービル』や『バイオハザード RE:2』の成功に「刺激を受けて」『サイレントヒル』シリーズの再始動に乗り出したと語っている。なお、現在クリストフ・ガンズは映画版『サイレントヒル』の3作目を制作しており、2023年に公開が予定されている。

このインタヴューで「『サイレントヒル』のゲームに関してはリブート版が開発されています」と述べ、映画やビデオゲーム版『サイレントヒル』の続編について明かしている。さらに、『サイレントヒル』シリーズの再始動に向けた世界戦略の一部として今後ゲームや映画の制作が行われると説明しているが、詳細は明かされていない。この話が本当であれば、ゲーム版『サイレントヒル』の最新作が近日発表されることになる。

現在のところ、ゲーム版『サイレントヒル』の最新作に関する公式発表はないが、ファンからは期待の声が高まっている。

『サイレントヒル』関連のニュースとして、コナミが『サイレントヒル』シリーズの復活に向けて動きを見せる中、ファンも同シリーズの復活を待ち望んでおり、「アンリアル・エンジン5」で非公式で制作された初代『サイレントヒル』の再現動画が話題を呼んでいる。

その他のニュースとして、カプコンは『バイオハザード RE:2』、『バイオハザード ​RE:3』、『バイオハザード7』のPS5版とXboxシリーズX/S版の発売を発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ