Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーⅦ』の25周年を記念する番組「ファイナルファンタジーVII 25th アニバーサリー セレブレーション」で様々な最新情報を配信すると発表している。

スクウェア・エニックスは6月10日にファンに向けて「来週10分ほど、私たちと一緒に『ファイナルファンタジーⅦ』の25周年をお祝いしてください」とツイートしている。

記念番組は日本時間6月17日の午前7時より始まり、スクウェア・エニックスの公式YouTubeチャンネルおよびツイッチ・チャンネルで配信される。

長年、同シリーズに携わり、『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』ではクリエイティヴ・ディレクターを務めた野村哲也はこの番組について「10分程度のささやかな時間とはなりますが、情報を盛り込みましたので解禁までお待ち下さい」とツイートしている。

野村哲也のツイート内容は『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』の続編に関する情報ではないかと推測される。『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』は2020年にリリースされたが、続編についてスクウェア・エニックスは正式発表を行っていない。一方で、野村哲也は先月、『ファイナルファンタジーⅦ』の最新情報を6月に公開することを明らかにしていた。

続編の内容については、ディレクターの1人である浜口直樹が2021年のメディア・インタヴューで次のように述べている。「クラウドたちがミッドガルを出て、世界中を探索することになります。このタイトル(『インターグレード』)とは異なり、広大な世界を楽しめるゲームにすることが、続編での課題です」

またスクウェア・エニックスは昨年、ヴィジュアル面を強化した『ファイナルファンタジーⅦ リメイク インターグレード』をリリースしている。

『ファイナルファンタジーⅦ リメイク インターグレード』は昨年12月にはPC版もリリースされているが、リリース当初は値段の高さとパフォーマンスの低さに批判の声があがっていた。

その他のニュースとして、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のデヴィッド・ハーバーが、オンラインゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』について『PCゲーマー』に語っている。『ワールド・オブ・ウォークラフト』に夢中になりすぎたと明かしており、『ザ・シムズ』で自分のアヴァターに衝撃を受けて、ようやく『ワールド・オブ・ウォークラフト』から抜け出せたという。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ