Photo: Riot Games

ライアットゲームズは『リーグ・オブ・レジェンド』の最新パッチ12.11のパッチノートを公開している。6月10日に配信される最新パッチでは新チャンピオンが追加され、前回のパッチ12.10で変更された「耐久力」には今週アップデートが加わるという。

パッチ12.11のパッチノートが6月8日に公式サイトで公開され、ヴォイドの女帝「ベル=ヴェス」が6月10日にサモナーズリフトに登場すると発表されている。

また、パッチ12.11でチャンピオンに加わるナーフ(弱体化)とバフ(強化)の一覧も公開されている。パッチノートはこちら。

https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/news/game-updates/patch-12-11-notes/

Photo: Riot Games

新たに登場する「ベル=ヴェス」の固有スキル「死のラベンダー」を発動すると、次の2回の通常攻撃を行うときに、攻撃速度が上がる。また、大型モンスターまたはチャンピオンから、キルまたはアシストを獲得するたびに、「ラベンダー」として蓄積する。「ラベンダー」の蓄積数に応じて、攻撃の速度が上がる。「ベル=ヴェス」の通常攻撃は他のチャンピオンよりも速く、ラベンダーを使った攻撃速度の上昇に上限はないが、レベルが上がっても、(他のチャンピオンのように)攻撃速度は上がらない。

「ベル=ヴェス」のスキルQ「ヴォイドサージ」を発動すると、4方向のうち1方向にダッシュし、接触したすべての敵にダメージを与える。この攻撃には「通常攻撃時効果(アイテムによる追加ダメージなど)」が適用される。なお、方向ごとに別々のクールダウンが存在する。「ベル=ヴェス」のスキルW「天と地」を発動すると、尻尾で敵を叩きつけてダメージを与え、「ノックアップ」する。また、「天と地」が命中したチャンピオンがいる方向では、「ヴォイドサージ」のクールダウン時間が通常よりも早くなる。

「ベル=ヴェス」のスキルE「ロイヤルストーム」を発動すると、「(敵の攻撃の)ダメージ軽減効果」を得ることができ、「ライフスティール(敵に通常攻撃を与えたときに自分のHPが回復する量)」が増加する。さらに、周囲の敵のうち、体力が最も低い敵にダメージを与える。この攻撃は敵の体力が減少しているほど威力が増す。

「ベル=ヴェス」のスキルR(アルティメットスキル/必殺技)は「終わりなき宴」となっている。「自動効果」としては、同じ敵に2回攻撃するたびに、ダメージ量が増加していく。「発動効果」は「ヴォイドコーラル」を1つ消費して爆発させ、敵に敵の体力に応じたダメージとスロウ効果を与える。

「ベル=ヴェス」を「真の形態」に変身させると、最大体力、非戦闘時の移動速度、射程、攻撃速度が増し、「ヴォイドサージ」でダッシュする際に壁を越えられるようになる。公式サイトでは「ベル=ヴェス」の前日譚やスキルの詳細を確認できる。

https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/event/bel-veth-abilities-rundown/

また、前回のパッチ12.10ではチャンピオンたちの「耐久力」に大規模な変更が加えられている。ライアットゲームズは今回のパッチノートで、今週中に「大掃除」と称して、パッチ12.10で変更されたゲームバランスの調整を実施すると告知している。「パッチ12.10で行われた体力回復効果とシールドの全体的な弱体化についてですが、一部のチャンピオンが極端に影響を受けています。そのため今回、チャンピオンを個別に精査し、回復やシールドのパワーを必要に応じて戻すか、失われたパワーをスキルの別の部分に補填するかして対応しています」

他にも6月10日に配信される最新パッチで新たなスキンシリーズ「オーシャンソング」がリリースされ、6月10日から7月15日まで期間限定で「プレステージ オーシャンソング セラフィーン」が入手可能となる。

その他のニュースとして、スクウェア・エニックスの2022年3月期 決算説明会の資料が公開され、アクション・アドベンチャー・ゲーム『ジャストコーズ』シリーズの新作が開発中であると明らかになっている。最新作はマルチプレイに焦点を当てた作品になる可能性がある。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ