Photo: Sony Interactive Entertainment

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはプレイステーション5の世界累計販売台数が2,000万台を突破して、2022年内には大幅な増産を計画していることを明らかにしている。

『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』によると、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは現地時間6月3日にこのニュースを発表しており、2020年11月に発売されたプレイステーション5は世界的な半導体不足の問題がなければ、だいぶ前にこの販売台数を達成していただろうと同記事に掲載されている。

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントのシニア・ヴァイス・プレジデントでグローバルセールスおよびビジネスオペレーション担当のヴェロニカ・ロジャースは、『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』のインタヴューで「プレイステーション5の世界累計販売台数が2,000万台を突破したことをご報告できて、大変嬉しく思っております」とコメントしている。

「プレイステーション5の開発チームは、世界中のユーザーの皆様にご満足いただける次世代ゲーム機をお届けするために、発売以来たゆまぬ努力を続けてまいりました。支えてくださったファンの皆様に感謝いたします」

また、彼女は「プレイステーション・ユーザーの皆様の情熱が私たちの原動力であり、技術を進歩させてゲームの未来を考え『Best place to play』(最高の遊び場)を創造し続ける原動力になっていると考えています」と述べている。

さらに、ヴェロニカ・ロジャースはまだプレイステーション5を入手していないファンに向けて年内に増産を予定しているとコメントしている。

「まだプレイステーション5を入手していないファンの皆様へ、今年はプレイステーション5を大幅に増産する予定となっており、希望するすべての皆様にお届けできるよう尽力しております」

その他のニュースとして、ゲームのニュースサイト『ゲームスポット』によると、プレイステーション5向けサバイバル・ホラー・ゲーム『アバンダンド』のリード・ディベロッパーであるハッサン・カラマンの関係者が同作の開発が滞っているとコメントしている。一方で『PCゲーマー』によると、開発元のブルー・ボックス・ゲーム・スタジオはこの発言を否定しており、「『アバンダンド』の開発は進んでいる」と述べている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ