Photo: Nintendo

フロリダ州オーランドに建設中の「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のオープンは2025年まで延期になると報じられている。

オレンジ郡のジェリー・デミングスは『オーランド・センチネル』紙に本テーマパークを運営予定のユニバーサル・オーランド・リゾートが当初の予定よりオープンを2年延期する決定を下したと語っている。

以前は2023年のオープンが予定されていたが、コロナウイルスの感染拡大が世界を震撼させた2020年に、ユニバーサル・オーランド・リゾート敷地内での「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の建設作業は中止となっていた。その後、ユニバーサル・オーランド・リゾートはプレス・リリースで作業を「直ちに」再開すると発表していた。

同施設の親会社であるコムキャスト社のCEOであるブライアン・ロバーツは当初の予定より少し延期されたものの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の完成を楽しみにしている。

「私たちはテーマパークのこれからに大いに期待しています」と彼は語っている。「このテーマパークは完全にインタラクティヴなゲーム体験を提供することになります。これまでテーマパークやホテルに投資してました。10年先のことを考えれば、このテーマパーク事業のロードマップには心が躍ります」

テーマパークの完成までに要する期間や、当初予定になかったコロナウイルスへの対応は万全なのかについては明らかにされていない。またオーランドの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにある「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を手本にした施設であるのかは明言されていない。

大阪の「スーパー・ニンテンドー・ワールド」については現在先行公開されている。同施設内ではARグラスを使用した本格的なマリオカートやピーチ姫のお城「ピーチ城」を再現したアトラクションのほか、様々なカフェやショップなども楽しむことができる。

同施設の開業に先駆け、スーパーマリオの生みの親である宮本茂が施設内を案内する動画も公開されていた。世界のマリオファンの大半が日本に行くことができない現状の中、動画は「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を擬似的に体験できる場になっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ