Photo: Nintendo

新作アクション・シューティング・ゲーム『スプラトゥーン3』の公式ツイッター・アカウントがヒーロー(ひとり用)モードの舞台を紹介する3枚のスクリーンショットを公開している。

『スプラトゥーン3』のヒーローモードは「哺乳類の帰還」をテーマにしており、3枚の画像はヒーローモードに登場する異なる3つのステージを紹介している。画像からは、広々とした空間に、巨大な破片や破壊された建物の一部が浮遊している様子が確認できる。『スプラトゥーン3』のヒーローモードは前作のヒーローモードより作り込まれた、追加コンテンツ「オクト・エキスパンション」に似たものになる可能性がある。

また、画像に映っているインクリングはシリーズでお馴染みのインクタンクの代わりにボトルのようなものを背負っている。このボトルが『スプラトゥーン3』でイカリングに装備できる単なるアクセサリーなのか、「ブキ」になるのかは、現時点では不明である。

5月30日に公開されたツイートには次のように記されている。「オルタナと呼ばれる空間には、謎の構造物が多数確認されている。何かを模したような形をしているが、どれも途中で途切れてしまったような見た目をしてる……。これらは一体何を意味するのだろうか?」

今回のツイートは本編の物語の内容も示唆している。「オルタナ」は以前より、本作で拠点として登場する「バンカラ街」とは別に、舞台の1つとして登場することが発表されている。これまでのシリーズ作品は夏の大都会が舞台となっていたが、公開された画像にはまるで北極を彷彿とさせるようなエリアも映っており、最新作の舞台は過去作品とは大きく異なることが予想される。

また、『スプラトゥーン3』にはマルチプレイヤー・モードも搭載され、前作で初登場し、好評を博した協力プレイモード「サーモンラン」も登場する予定となっている。さらに、「弓(ストリンガー)」、ボール状の装置を投げて攻撃する「トリプルトルネード」、カニ型の戦車「カニタンク」など、新たな「ブキ」や能力が登場する。『スプラトゥーン3』はNintendo Switch専用ソフトとして9月9日にリリース予定となっている。

その他のニュースとして、現在開発中のヘッドセット「プレイステーションVR2」が早ければ2022年内に生産を開始する可能性があると、アナリストがツイッターに投稿している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ