Photo: Respawn Entertainment

『エーペックスレジェンズ』では期間限定の「コレクションイベント」が開催され、新スキンや新イベント・モードが加わるほか、本作に登場するレジェンド「コースティック」による恒例の乗っ取りイベント用にマップが変更されるという。

リスポーン・エンターテインメントは「カオス・セオリー コレクション・イベント」が日本時間の3月10日から3月24日まで開催されることを明らかにしており、このイベントは『エーペックスレジェンズ』のNintendo Switch版の配信に合わせて開催される。

イベントのトレイラー動画はこちらから。

メインイベントは「コースティック」による水処理施設の乗っ取りイベントとなっており、イベント期間中に同施設は「コースティック」仕様へと様変わりしている。毒ガスの使い手である「コースティック」が実験を行う施設内で、他のレジェンドは毒の液体の排水を試みることになる。プレイヤーが操作するレジェンドが排水に成功すると、ゴールド武器4種を入手できるエリアに一時的にアクセス可能となり、プレイヤーが武器を入手する為にはそのエリアまで迅速に移動しなければならないという。

イベント中は期間限定モードとして「リング・フューリー・エスカレーション」もプレイ可能となっており、このモードでは安全地帯を表す通常のリングとは別に「リング・フレア」がマップ上に表示され、プレイヤーはゆっくりと拡大するこの「リング・フレア」に入るとダメージを受けるという。

このモードでは新アイテム「ヒートシールド」も登場するという。このアイテムはゲーム開始直後からすべてのプレイヤーのインベントリーに追加されており、ゲーム内では通常のアイテムのように回収も可能となっている。「ヒートシールド」はリング内でドーム状の安全地帯を作り出すアイテムとなっている。リング内でのみ使うことができ、使用するとドーム内での回復アイテムによる回復速度が50%アップし、蘇生スピードも25%アップする。

インベントリーには「サバイバル・スロット」という通常のアイテム用のスロットとは別のスロットが新たに設けられており、「ヒートシールド」のほか「モバイル・リスポーンビーコン」も追加することができる。「ヒートシールド」は「リング・フューリー・エスカレーション」モードの終了後には常設アイテムとしてその他の通常のバトルでも使用できるようになる。

他にも数多くの変更点があり、詳細は公式サイトに記載されている。「ノーフィル」というプレイ・オプションも追加され、このオプションを使用するとデュオやトリオのゲームに人数が揃っていない状態でもプレイできるようになる。1回のマッチで参加できる「ノーフィル」のプレイヤーの数は6人までとなっており、このオプションはランクマッチには使用できない。

また、「カオス・セオリー コレクション・イベント」では24種類のイベント限定スキンが手に入る報酬トラックも追加される。限定スキンは報酬トラック、クラフト、またはゲーム内通貨での購入を通じて入手できる。

ゲーム内のレジェンドたちのバランス調整も行われる。最も大きな変更があるのは「コースティック」で、これまで毒ガスのダメージ力は6hpから12hpに増加していくものだったが、今後は5hpに固定になるという。

関連ニュースとして、『エーペックスレジェンズ』の開発スタジオはXboxシリーズXとPlayStation 5で、フレームレートが120FPSに対応したゲームプレイの実現を目標にしていることを明らかにしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ