Photo: Wizards of the Coast

6月10日発予定のTCG『マジック・ザ・ギャザリング』は公式YouTubeチャンネルで行われたライヴ配信で最新セット『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』の内容が公開されている。

最新セットは『マジック・ザ・ギャザリング』ではお馴染みの都市「バルダーズ・ゲート」を舞台としており、テーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』シリーズとのクロスオーバーとなっている。米ゲーム販売会社ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社から発売されたこのパックは、多人数戦フォーマットを使用してドラフト形式の対戦をプレイできる『統率者レジェンズ』セットの第2弾となっている。

このセットでプレイできる「統率者戦」は「統率者」のカードを中心としたフォーマットで、もともとファンの間で広まっていた。『統率者レジェンズ』セットの第1弾は2020年に発売されている。第2弾の『統率者レジェンズ』では「バルダーズ・ゲート」の街の雰囲気を楽しみながら対戦することができる。

さらに、このセットではさまざまな新メカニズム(各カードの特殊能力)が登場しており、「イニシアチヴ」を使用するとプレイヤーは主導権を得て「アップキープ・フェイズ(ターンの2段階目のフェイズ)」開始時に自動的にダンジョンの「地下街」を探索することになる。しかし、クリーチャーの攻撃を受けてダメージを負った場合「イニチアチヴ」は失われる。

そして、「背景選択」というメカニズムでは、「背景」を持つ一部のクリーチャー・カードを「統率者」に選択できる。使用するには伝説のクリーチャーに伝説のエンチャントを付加する必要がある。「背景」を持つクリーチャーが第2の「統率者」として機能するため、他の「統率者」との併用もできる。

その他のメカニズムとして「出来事」や「門」のサブタイプ、そして過去に発売された『ダンジョン&ドラゴンズ』のセットから「ダイス・ローリング」が再登場するという。

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』の一般発売前イベントは6月3日から6月9日までオンラインと販売店等で開催されるという。

その他のニュースとして、5月18日にスクウェア・エニックス公式YouTubeチャンネルで行われたライヴ配信「『ファイナル・ファンタジーVII:ザ ファースト ソルジャー』公式生放送 #2 ハーフ・アニヴァーサリーSP」では、ディレクターを務める野村哲也が『ファイナル・ファンタジーVII』の最新情報を来月公開すると告知している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ