Photo: EA

iOS・Android向けアプリ『エーペックスレジェンズ モバイル』の配信が始まり、モバイル限定の新レジェンドとして「フェード」が登場している。

開発元のリスポーン・エンターテインメントは、5月18日の配信開始とシーズン1「プライムタイム」の開幕に合わせてパッチノートを公開している。

「大胆不敵」なレジェンド「フェード」は『エーペックスレジェンズ モバイル』の最大の注目ポイントとなっており、モバイル版限定の新レジェンドとして本編に登場する。PC・家庭用ゲーム機版『エーペックスレジェンズ』での登場は今のところ未定となっている。

「フェード」は優れた移動能力を特徴としており、リスポーン・エンターテインメントは「モバイルゲームの魅力や長所からヒントを得て開発されたキャラクター」だと説明している。

「フェード」がパッシブ・アビリティ「スリップストリーム」を発動すると、プレイヤーはスライディング直後のランを一気にスピードアップできる。素早い移動が可能になるが、10秒間のクールダウンが必要になるため使うタイミングや回数が限られる。

「フェード」の戦術アビリティ「フラッシュバック」はプレイヤーを元いた位置に移動させる「巻き戻し能力」となっている。開発元によれば、ゲームを始めたばかりのプレイヤーには敵の攻撃やキルから身を守る手段になり、上級者はこのアビリティを駆使してよりタクティカルなバトルを繰り広げられるという。

また、アルティメット・アビリティの「フェーズチェンバー」については、「アクティベーターコア」という手榴弾を投げると爆風に巻き込まれたすべてのプレイヤーが虚空に送り込まれるという。この影響を受けた者は、数秒間ダメージを受けたり敵を攻撃できなくなるため、敵のグループから一部のメンバーを孤立させたり、プレイヤーの仲間を一時的に護るためにこのアビリティを利用することもできる。なお、「フェーズチェンバー」の発動直前には2秒ほどの待機時間が発生するという。

「フェード」が今後PC・家庭用ゲーム機版『エーペックスレジェンズ』にも追加される可能性について、リスポーン・エンターテイメントは「今のところその予定はない」としながらも、「(将来的に他のプラットフォームに登場する)可能性はあります」と回答している。

『エーペックスレジェンズ モバイル』のシーズン1「プライムタイム」には、「フェード」の他にも9人のレジェンドが登場している。また、メインモード「バトルロイヤル」はオリジナル版でもお馴染みのマップ「ワールズ・エッジ」を舞台としており、マップの一部は積雪地帯や火山地帯になっている。

また、モバイル版限定の新モード「チームデスマッチ」には「デスマッチ」と「クラッシュ」の2種類が用意されており、通常よりもスピーディな展開のバトルが楽しめる。モバイル版では今後も、新たなレジェンドや新マップ、「お馴染み」のマップの追加が予定されている。

関連情報として、PC・家庭用ゲーム機版『エーペックスレジェンズ』では5月11日から新たなレジェンド「ニューキャッスル」が登場している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ