Photo: Square Enix

『ファイナル・ファンタジーXIV』のハウジングの抽選販売システムで発生していた不具合が修正されたことが明らかとなっている。このシステムは約1ヶ月前に導入されたが、抽選結果に不具合が発生していた。

5月13日付の公式ブログ「ロードストーン」で、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹がこの不具合について修正およびデータ復旧の準備ができたことを報告している。

5月16日には土地購入抽選のデータ復旧メンテナンスが実施されており、不具合の修正と、不具合の発生していた土地に対して正しい当選番号が反映されている。

このメンテナンスにより、当選番号データが正しくハウジングサーバーに反映され、土地が正常に購入できるようになり、一時停止していた土地の購入・引越が再開されている。

また、次回の抽選販売は5月27日午前0時に再開し、応募期間が5日間、購入期間は4日間という通常のサイクルがスタートすることも掲載されている。

さらに、吉田直樹は次のように述べている。「不具合により落選と処理され、返還されたギルを受け取ってしまった方は、パッチ6.2以降、任意でギル返却していただけるNPCなどを実装させていただきます。非常に大きな不具合によってご迷惑をおかけしたため、強制的なギル返却のためのデータ巻き戻し(ロールバック)等はいたしません。任意ギル返却用NPCの実装が近くなりましたら、あらためてご案内させていただきます」

その他のニュースとして、ストラテジー・ゲーム『ステラリス』の拡張コンテンツ『オーバーロード』で発生していた不具合が修正されたことが明らかとなっている。『オーバーロード』は日本時間5月13日にリリースされており、同作のディレクターは不具合が発生した理由について「最高のものを提供したいと考えてリリース直前まで様々な変更や追加を行ったためだ」と語ったことを『PCゲームズN』が報じている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ