Photo: Techland

オープンワールド・アクションRPG『ダイイングライト2 ステイ・ヒューマン』でリード・ゲーム・デザイナーを務めたティモン・スメクタワが次回作の『ダイイングライト3』の開発の可能性ついて、もし制作するのであれば主人公が強力なスキルや能力をゲーム開始時点から使えるようにしたいとインタヴューで語っている。

現地時間5月16日に公開された『VGC』とのインタヴューで、ティモン・スメクタワは『ダイイングライト2 ステイ・ヒューマン』と先日リリースの延期が発表された「ストーリーDLC第1弾」について語っており、主人公がより多くの能力やスキルを持った状態でゲームを始められるよう修正したいと述べている。

「もし『ダイイングライト3』を制作するのであれば、修正したい点の1つとして、主人公がより強力な能力やスキルを保持した状態でゲームをスタートできるようにしたいですね……『ダイイングライト2 ステイ・ヒューマン』では主人公がかなり弱い状態からゲームがスタートし、プレイしていく中で成長していくという、初代『ダイイングライト』と基本的には同じアプローチを採用しています」

『ダイイングライト2 ステイ・ヒューマン』では初代『ダイイングライト』と大きく異なる要素の1つとして「ニュー・ゲーム+」モードを含む「アップデート1.3.0」を現地時間4月27日に配信している。ティモン・スメクタワは「リリースから3ヶ月が経った時点で改めて『ダイイングライト2 ステイ・ヒューマン』を見直すと、主人公の初期設定を修正したくなりました」と語っている。

また、ティモン・スメクタワはテックランド社が『ダイイングライト3』を制作する場合の構想について次のように続けている。「基本のスキルセットとして、主人公が種類も豊富でより強力なスキルや能力を備えた状態でゲームを始められるようにするつもりです」

テックランド社は6月に予定されていた「ストーリーDLC第1弾」のリリースを9月まで延期することを現地時間5月12日に発表している。この追加ダウンロード・コンテンツのストーリーは本編と「並行した時間軸で物語が進行する」ことから、主人公「エルデン・カルドウェル」が同作の舞台となる「ザ・シティ」に到着した直後の場面からプレイできるようになっており、本編をクリアしていなくても楽しめるという。

テックランド社は「ストーリーDLC第1弾の開発にはもう少し時間がかかります」と延期の理由を説明しており、現時点では具体的なリリース日は発表されていないが、同社は引き続き「ストーリーDLC第1弾」の進捗を伝えていくとしている。

その他のニュースとして、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは6月に大幅リニューアルされる定額制サービス「プレイステーション・プラス」に追加されるPS4およびPS5向けゲームタイトルのラインアップを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ