Photo: Riot Games

ライアットゲームズが『リーグ・オブ・レジェンド』の新機能として「チャレンジ」システムを導入したことが明らかとなっている。ライアットゲームズは「チャレンジ」システムが「すべてのプレイヤーにとって意義あるアップデートを提供」するとしている。

5月5日からプレイヤーのプロフィール画面に「チャレンジ」のタブが追加されており、300種類を超える「チャレンジ」に挑戦することができる。「チャレンジ」はランク戦のプレイヤーだけでなく、すべてのプレイヤーが対象となるため、比較的初心者向けのARAMモードやトーナメント戦CLASHのプレイヤーも挑戦できる。

「チャレンジ」をクリアしてポイントを獲得すると、アイアンからマスターまでランクを上げることができ、さらにマスターランクを達成すると、グランドマスターとチャレンジャーのティア(階級)に挑戦できる。ライアットゲームズによると、ランク戦と同様に「各地域ごとに一定数のプレイヤーのみ、これらのティアに入ることができる」という。

「チャレンジ」には5つのカテゴリーがあり、プレイヤーはチャレンジの達成度を確認ができるほか、各カテゴリーごとにランキングが設定されている。各カテゴリーの名称と概要は以下の通りとなっている。

「創造」:革新的なプレイができる
・ドクターストップ:ランダムミッドで、直近にヒールパックで回復した敵をキルする
・さよならミニオン:3秒以内に20体のミニオンを倒す

「熟練」:スキルを駆使して巧みなプレイができる
・不死身の大王:力尽きることなく試合に勝利する
・フレイムホライズン:対戦相手より100以上多くCSを獲得して試合に勝利する

「連携と戦略」:チームで協力しながらプレイをする
・ソウルスイープ:敵に1体もドラゴンを倒されずにドラゴンソウルを獲得する
・チームで圧倒:ミニオンのスポーンから試合開始15分までの間にエースを獲得する

「歴戦」:キル、獲得ゴールド、その他のデータで大きな数字を出すことがが求められる
・ペンタキィィィィィィル!:ペンタキルを獲得する
・多芸多才:複数の異なるミシックアイテムを装備して勝利する

「収集」:カスタマイズアイテムや戦利品を収集する
・リフトの象徴:サモナーアイコンを入手する
・人生のスパイス:チャンピオンを獲得する

また、名称や条件を検索バーに入力して「チャレンジ」を探すこともできる。

それぞれの「チャレンジ」は長方形のカードで表示されており、カードの左上にはポイント数、下部には指定レベルに達したときに獲得できる報酬(タイトルなど)が表記されている。サモナーのアイコンの下に表示されるチャレンジクリスタルは、「チャレンジ」システムの進捗を示している。サモナーネームの下にタイトル(称号)が表示され、「チャレンジ」のクリア時に得られたタイトルを選択できる。

ライアットゲームズは公式サイトで「『チャレンジ』システムが導入されても、まだ当社の取り組みは終わっていません。当社は『チャレンジ』導入後に追加する予定の新しいロビーカスタマイズ機能を開発中です。バナースキンは、プレイヤーの過去のランクを目立たせるためのオプションです」とリリース予定の機能を予告している。

その他のニュースとして、ゲーム・ジャーナリストのジェフ・キーリーは自身が司会を務めるオンライン・イベント「サマー・ゲーム・フェス」を2022年6月10日午前3時から放送するとツイッターで発表している。一部のIMAXシアターではライヴストリーミングも行われる予定となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ