Photo: PUBG Corp

バトルロイヤル・ゲーム『プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ』のモバイル版『PUBG モバイル』がK-POPアイドルグループであるブラックピンクとアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボレーションをそれぞれ実施することが発表されている。

開発元のテンセント・ゲームズは公式YouTubeチャンネルで今回のコラボレーションを発表しているほか、来月配信する最新アップデート「ヴァージョン2.0」でのアンチチート・ソフト「バン・パン(Ban Pan)」の導入やマップ「リヴィック」の改善を明らかにしている。

コラボレーションに関する具体的な内容はまだ明らかになっていないが、『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボレーションは5月、ブラックピンクは「近日中」に登場予定となっている。

マップ「リヴィック」では新エリア、新たに追加される地形で利用できる4人乗りのUTV、車両用のジャンプ台、ジップライン(ワイヤーロープを滑車で滑り降りられるアクティビティ)などが追加される。また、武器の調達が可能な「アドヴァンスド・サプライ・ゾーン」がプレイヤーの飛行経路の近くにランダムで出現するなど、次回のアップデートは「ゲームプレイを改善し、さらなるチャレンジを提供する」よう設計されるという。

さらに、マップ「エランジェル」と「ミラマー」では「エマージェンシー・ピックアップ」機能が紹介されており、この機能を利用するとプレイヤーは熱気球でプレイゾーンの中央に移動することができる。なお、「エマージェンシー・ピックアップ」で移動する際でも「ブルーゾーン」から攻撃を受ける可能性がある。

「ヴァージョン2.0」のアンチチート・ソフト「バン・パン」の改善については新たなアンチチート・ソフトの機能、マッチ・レビュー、プレイヤー・レポートの3つの側面から対策が実施されると見られている。

また、新たな「イーグル・システム」で上級プレイヤーに不正行為を調査する権限を与えて、試合中にリアルタイムで不正行為が行われていないか監視できるようになる。また、ゲームの学習型AIは疑わしい行動を検知する感度が向上し、ペナルティを与えられるようアップグレードされるという。

『PUBG モバイル』の最新アップグレード「ヴァージョン2.0」は今年5月にAndroidおよびiOSデバイスで配信が予定されている。

その他のニュースとして、アクティヴィジョン・ブリザード社はリリースを予定しているリブート版『コール オブ デューティ4:モダン・ウォーフェア』の続編について、『コール オブ デューティ』シリーズの中で「最先端」のゲーム体験になると語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ