Photo: Marvel Studios/YouTube

『アベンジャーズ』の「アップデート2.5」でマーベル・コミック作品『マイティ・ソー』に登場するキャラクター「ジェーン・フォスター」がプレイアブル・キャラクターとして登場することが発表されている。

先日、7月8日に公開が予定されている映画『ソー:ラブ&サンダー』でナタリー・ポートマン演じる「ジェーン・フォスター」が「ソー」のマントをまとった姿が公開されたばかりで、今回のニュースはこれに続くものになる。

一方、開発元のクリスタル・ダイナミックスは新作映画と「アップデート2.5」の内容は関係がないとしており、公式サイトで次のように述べている。「ゲームに登場するヒーローは原作コミックスに忠実に基づいてデザインされており、全能のハンマー『ムジョルニア』の使い手としての『ジェーン・フォスター』の能力は『オーディン』の息子である『ソー』と共通する部分がたくさんあります。ですが、『ジェーン・フォスター』らしさもしっかりとあります。『ジェーン・フォスター』がゲームの中でどう描かれるかは、これから発表する予定です」

クリスタル・ダイナミックスは4月20日に「アップデート2.3」の配信を発表しており、5月に配信予定の「アップデート2.4」の詳細を明らかにしている。

開発チームは「宇宙の脅威」、「タキオン・アノマリー」、「汚染ヴィブラニウム」などの現在進行中のイベントについて、「一層やりがいのある」ものにするために「アップデート2.4」でシステムを調整すると述べている。

「各イベントをよりオリジナルかつ何回もプレイできるよう、イベントの報酬を改善および多様化させており、各イベントで異なるセットのギアが報酬として獲得できるようになります」

「イベントはより魅力的なものとなり、複数回プレイしても楽しめると思います。『アップデート2.4』の配信が近くなれば、改めて公式ブログやライヴ配信で具体的な変更内容を公開する予定です」

『アベンジャーズ』の関連情報として、昨年11月にスクウェア・エニックスは2021年3月期の「年次報告書」を発表しており、代表取締役社長の松田洋祐はデジタルエンタテインメント事業の概況として『アベンジャーズ』については「十分な成果を出すことができませんでした」と報告している。

その他のニュースとして、ディレクター兼脚本家のエイミー・へニングが率いるスカイダンス・ニュー・メディア社がルーカスフィルム・ゲームズと提携して『スターウォーズ』の新作を開発中であると発表している。昨年10月にはスカイダンス・ニュー・メディア社がマーベル・ゲームズと共同でマーベル・コミックを原作とした新作を開発することが報じられていた。

これら2作品の開発に向けて、スカイダンス・ニュー・メディア社は多くの職種で人材を募集している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ