Photo: Nintendo

任天堂はNintendo Switch向けのアクションRPG『ゼノブレイド3』の発売日が7月29日に決定したと発表している。

任天堂は今年2月に配信された「ニンテンドーダイレクト」で、『ゼノブレイド3』の発売時期は9月と告知していたが、今回の発表では予定が繰り上げられている。なお、変更の理由については公表されていない。

さらに任天堂の公式YouTubeチャンネルでは約3分に及ぶセカンド・トレイラー動画が公開されており、プレイ動画やカットシーンそしてストーリーの一部が確認できる。『ゼノブレイド3』では、プレイヤーは主人公のノアとミオを操作して、敵対する2つの国家「ケヴェス」と「アグヌス」それぞれの国家に「所属する」6人のキャラクターと共に「本当の敵の存在、そして自ら生きる世界の真相を確かめるべく、力を合わせる」ことになる。

他にも、今作の舞台となる「アイオニアン」の探索もゲームの重要な一部になるという。公式サイトのホームページでは巨大な剣が突き刺さった大地の画像が映し出されている。『ゼノブレイド3』の公式サイトでは本作が初代『ゼノブレイド』と『ゼノブレイド2』の未来の世界を描いた「過去と未来をつなぐ、命の物語」と紹介されている。

『ゼノブレイド3』は最大7人のキャラクターを同時に使用したプレイができるバトルシステムを採用している。各キャラクターは得意な「立ち回り」によって様々なクラスに分類されており、ノアは近接戦闘が得意な「ソードファイター」で、ミオは敵の注意を引き攻撃を回避できる「疾風士」となっている。さらに、「クラスは仲間との絆が深まると、入れ替えることが可能」となっており、ゲームを進めていくことでクラスの変更やパーティーのカスタマイズが可能となっている。

さらに、本作に搭載されている新機能「融合(インタリンク)」で、ノアとミオ、ランツとセナ、ユーニとタイオンといった特定のキャラクターが合体し、二人の能力を併せ持つ「ウロボロス」と呼ばれる巨人に変身して戦うことできる。ペアによってウロボロスが使える技や動作は異なり、バトルの時にはチームの切り札となる。

他にも任天堂は、マイニンテンドーストア限定の「ゼノブレイド3 コレクターズエディション」を紹介しており、この商品は『ゼノブレイド2』と『ゼノブレイド3』のメイン・キャラクター・デザインを手掛けた齋藤将嗣の書き下ろしイラストを納めた約250ページに及ぶアートブックや、スチールブックと外箱がセットになっているという。

その他のニュースとして、ユービーアイソフトは一人称シューティング・ゲーム『レインボーシックス シージ』のアップデート「Y7S1.2」をリリースしており、新ステージ「エメラルドプレーンズ」が登場している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ