Photo: Riot Games

ライアットゲームズは4月13日に『リーグ・オブ・レジェンド』の最新アップデート「パッチ12.7」をリリースし、公式サイトでパッチノートを公開している。

今回のアップデートではゲームバランスを調整するためにチャンピオンやアイテムの強化や弱体化に加えて不具合の修正が行われており、パッチノートで詳細が確認できる。また、チャンピオンの「アーリ」、「ヘカリム」、「ライズ」、「ザヤ」、「ラカン」の「アルカナ・スキン」は4月15日にリリース予定となっている。

アップデートによってバランスが調整されたチャンピオンの「ガングプランク」は固有スキル「背水の銃剣」の基本ダメージが増加し、スキル「壊血病治癒」の発動に必要な「マナコスト」が減少している。ライアットゲームズは「ガングプランク」のバランス調整について「スキル『偽りの発砲』と『火薬樽』は十分な火力がありますので、火力以外の点に強化を行いました」と説明している。

Photo: Riot Games

「カリスタ」は「スキルレベル帯に関わらず全体的に弱い状態となっていた」ことから、一部の基本ステータスが強化され、基本マナ、移動速度、レベルアップごとの攻撃速度が向上している。また、「ボットレーン」で能力を発揮できる「カーサス」はクリアリング性能が強化されており、スキル「根絶やし」のモンスターへのダメージが85パーセントから95パーセントに増加している。

その他、「ゼリ」、「ヨネ」、「ヤスオ」、「ウーコン」、「ライズ」、「レンガー」、「ニーコ」、「パンテオン」、「リリア」、「リー・シン」といったチャンピオンも基本ステータスやスキルのバランス調整が施されている。

さらに、アイテムの「アビサル マスク」、「ゲイルフォース」、「ムーンストーンの再生」、「アンブラル グレイブ」、「冬の訪れ」は入手に必要なコストの変更のほか弱体化や強化などが施されている。

『リーグ・オブ・レジェンド』の関連情報として、ライアットゲームズはランク戦の第2スプリットが4月22日からスタートすることを発表しており、チャンピオンの「レナータ・グラスク」のサモナーアイコン、エモート、恒久チャンピオンの開放、シリーズ1のエターナルカプセルが限定報酬として登場する予定となっている。

その他のニュースとして、アメリカのゲーム開発会社であるヤング・ホーセズは現地時間4月28日にアドベンチャー・ゲーム『バグスナックス』をNintendo SwitchXbox One、XboxシリーズX/Sでリリースするほか、無料の大型拡張コンテンツ「アイアル・オブ・ビッグスナックス」の配信を開始することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ