Photo: Riot Games

MMORPG『リーグ・オブ・レジェンド』待望の「チャレンジ」システムが5月11日配信予定の「パッチ12.9」と同時に導入されることが明らかとなっている。

「チャレンジ」システムは約9ヶ月前に発表された新しいプログレッション・システムで、これまで『リーグ・オブ・レジェンド』のPBE(パブリックベータ環境)で検証が続けられてきたが、『リーグ・オブ・レジェンド』のeスポーツの年次イベントである「ミッドシーズン・インヴィテーショナル2022」の開催に合わせて正式リリースされることになる。同イベントは5月10日から15日まで韓国の釜山で開催される予定となっている。

『リーグ・オブ・レジェンド』の「チャレンジ」システムはゲーム内の達成度を記録するためのまったく新しいプログレッション・システムで、プレイヤーはタイトル(称号)やその他の報酬をより簡単に「チャレンジ」タブに表示することができる。リリース時には300種類を超える「チャレンジ」が追加されて、プレイヤーが獲得可能な2,700の「トークン」(現在のランクを表す独自のアイコン)や段階的にアンロックできる約100のタイトルが用意されるという。

海外のゲーム情報サイト『ロードアウト』によると、ライアットゲームズの競技チームのデザイン・リードであるジョーダン・チェックマンは、PBEのテスト段階で寄せられたプレイヤーからの多くのフィードバックに基づいて「チャレンジ」システムが改善されたとプレスリリースでコメントしている。

ジョーダン・チェックマンによると、「非常に多くのフィードバック」が寄せられ、その結果「チャレンジ」のグループ分けやシステム全体の進行状況を追跡する「クリスタル」が改善されたという。また、彼はプレイヤーが「自分のプレイ経験と、誰も成し得なかった超一流になるための道のりを語ることができるようになる」とも述べている。

「チャレンジ」システムは「エターナル」システムとは異なり無料となっており、ゲームをプレイして課題をクリアすると各「チャレンジ」の進行状況が更新される。また、このシステムでは『リーグ・オブ・レジェンド』のプレイヤーのプロフィール刷新の一環として実績を表示するように設計されている。

ライアットゲームズは新しいタイトルを獲得できる「チャレンジ」のセレクションを次の通り公開している(※日本語名称はすべて仮称となっており、実装時には変更される可能性がある)。

・弾けるポロ:ARAMでポロを爆発させる。手に入るタイトルは「忠実なポロ」
・シェリー、やっちまいな:リフトヘラルド(別名シェリー)でタワーを破壊する
・リフトの象徴:サモナーアイコンを100種類入手する。手に入るタイトルは「象徴」
・スタック!スタック!:試合開始から20分経過する前に「メジャイ ソウルスティーラー」を最大スタックまで溜める
・優れたサポート:サポートクエストを敵チームより早く完了する
・ナッシャースレイヤー:バロンナッシャーを単独キルする。手に入るタイトルは「バロン」
・攻撃的なポジショニング:敵に向かってフラッシュした直後にマルチキルを獲得する。手に入るタイトルは「閃光」
・ソロ・キャリー:1試合のARAMで、味方チームの対チャンピオン与ダメージの40%以上を自分が与える

その他のライアットゲームズ関連の情報として、同社は先月末、ウクライナを支援する人道支援組織に410万ポンド(約6億7,000万円)を寄付することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ