Photo: FromSoftware

フロム・ソフトウェアが手掛けるアクションRPG『エルデンリング』で「12分32秒」という最速クリア記録が樹立されている。この記録を達成したプレイヤーはボスを1体倒しただけでゲームをクリアしたという。

『エルデンリング』のスピードランナーたちはこの大作をクリアするまでの時間を徐々に短縮してきており、数々のカテゴリーが考案されている。『PCゲーマー』によると、海外スピードランナーの「Mitchriz」が先日、「Any% Unrestricted(達成度問わず、制限なし)」のカテゴリーで世界初の12分台を記録したことが明らかとなっている。

「Mitchriz」は長距離を一瞬で移動する技「Zipグリッチ(zip glitch)」を多用しており、『エルデンリング』のマップを飛び回って1回のボス戦以外はすべてスキップしている。彼はゲームの最終戦にたどり着いたときに、これもスキップしている。

「Zipグリッチ」では、プレイヤーは間に障害物がないよう慎重に方向を定め高速移動を行う。12分32秒という記録は素晴らしいが、「Mitchriz」はこのグリッチが使用できる場所ががさらに見つかれば、より時間を短縮できる可能性があると考えている。

「Mitchriz」はフロム・ソフトウェア作品のスピードランナーとして知られており、最近ではチャリティ・イベント「オーサム・ゲームズ・ダーン・クイック2022」で目隠しをしながらアクション・アドベンチャー・ゲーム『隻狼:シャドウズ ダイ トゥワイス』をクリアしている。彼はプレイヤーの動作順序を慎重に記憶し、オーディオ・キュー(曲の再生順リスト)を利用してキャラクターを操作することで目隠しクリアを達成している。

「Mitchriz」はボス戦の大半でサウンド・キューと攻撃でボスを素早く撃退している。現在はゲーム中盤の「修羅エンディング」を選択するとすぐにラスボス戦となり、他のルートよりも早くエンディングを迎えることができる。ゲームをクリアする最大の難関はサウンド・キューのない水中セクションで、ここでは3段階にわたって正確な動きが必要となる。

その他のニュースとして、「ロンドン・ゲーム・フェスティバル 2022」のディレクターを務めるマイケル・フレンチがメタヴァースを含むゲームのあらゆる側面で多様性が必要であると発言したことが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ