Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは『キングダム ハーツ』シリーズの20周年記念イベントで最新作『キングダム ハーツIV』のトレイラー動画を初公開して、同タイトルの制作を正式に発表している。

スクウェア・エニックスは4月10日、『キングダム ハーツIV』のトレイラー動画を同社の公式YouTubeチャンネルで公開しており、動画の前半ではスマートフォン・ゲームの新作『キングダム ハーツ ミッシングリンク』のほか、『キングダム ハーツ ダークロード』のオフライン版のリリースも告知されている。

『キングダム ハーツIV』の発売日や対応プラットフォーム等の詳細は、現時点では未定となっている。トレイラー動画の視聴はこちらから。

『キングダム ハーツIV』の予告編は「自分が望む結末ではなかったと絶望するのなら、他の世界に退場すればいい」というナレーションで始まる。

主人公のソラは近代都市「クァッドラトゥム」の高層マンションの一室で目を覚ますと、謎の少女から「あなたはこの世界に来て、7日間眠っていた」と告げられる。動画ではキーブレードを手にしたソラが心を失った巨大な敵と対決する様子が描かれているほか、フードを被った「XIII機関」の者が現れると「一度退場すれば元の世界に戻れると思うな」というナレーションが続く。

また、場面が切り替わって歴代の『キングダム ハーツ』シリーズでソラと行動を共にしてきたドナルドとグーフィーが登場し、冥界の闇の中を探索する。予告編は背後に現れた謎の人物に震え上がる2匹の姿で幕を閉じており、動画の最後には「magic in the making(作品は開発中です)」という文字が表示されている。

『キングダム ハーツ』シリーズに関しては、今年2月にNintendo Switchのクラウドバージョン3作品がリリースされている。クラウドバージョンについては発売前から海外メディアの間で様々な意見が上がっており、Nintendo Switch本体にデータをインストールするのではなく、サーバーからストリーミングしてプレイすることになるため、インターネットへの接続が常に必要となるなどプレイ環境に制限があり、高価な販売価格に見合わないという評価や、インターネットの通信環境が整った状態でもグラフィックスの遅延やフレームレートの低下、操作のタイムラグが発生しうることが指摘されていた。

その他のニュースとして、プレイステーション3とプレイステーションVitaのプレイヤーから、ダウンロードサービス「ゲームアーカイヴス」で購入した『クロノ・クロス』等の複数のタイトルが「期限切れ」になり、プレイできないという報告が相次いでいる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ