Photo: Polyphony Digital

『グランツーリスモ7』では4月7日より「アップデート1.11」が配信されており、「ワールドサーキット」でのイベント報酬の増額など様々な調整および修正が実施されている。

3月25日に公開されたプレイステーション公式ブログでは開発元であるポリフォニー・デジタル代表の山内一典が次のように述べていた。「先週の長いメンテナンス時間と、事前の予告なしにリワードデザインの変更が行われたアップデートにより生じた不満と混乱に対して心よりお詫びいたします」

『VGC』によると、4月7日配信の「アップデート1.11」では、「ワールドサーキット」後半のイベントで獲得できる賞金の増額やゲーム内の報酬で得られるクレジット「無償クレジット」の増額などが実施されている。

公式サイトによると、「無償クレジット」の獲得上限が20億クレジットから100億クレジットに引き上げられ、プレイヤーが今後新たに入手する「招待状」の有効期限が14日間から30日間まで延長されている。

「ワールドサーキット」では、新しいレースイベントとして「ワールドツーリングカー600 東京エクスプレスウェイ・東ルート外回り」、「ワールドツーリングカー700 ル・マン24時間レーシングスサーキット」、「ワールドツーリングカー800 サルディーニャ・ロードトラック・A」の3種類が追加されている。

また、「ロビー・スポーツモード」では、ロビーおよびデイリーレースで獲得できる賞金が増額されたほか、ロビーでレースにエントリーした状態で観戦すると観戦カメラに切り替えられなくなる問題をはじめ、複数の不具合が修正されている。

さらに、「サーキットエクスペリエンス」について、公式サイトでは次のように説明している。「各サーキットのレイアウトでレコードすべてをゴールドまたはブロンズでクリアすると賞金がもらえるようになりました。すでに達成済みの場合は、セクター(区間)選択画面に入って、終了ボタンで戻ると賞金を獲得できます」

『グランツーリスモ7』の公式サイトでは「アップデート1.11」の詳細を公開しており、「サウンド」や「セッティング」などの新たな調整内容についても掲載されている。

その他のニュースとして、4月6日に発売された新作アクション・アドベンチャー・ゲーム『レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ』がリリース初日から順調な滑り出しとなっている。スチームでの同時接続プレイヤー数は4月6日午前10時時点で82,517人を記録しており、スチームで配信されているゲーム版『レゴ』シリーズのタイトルとしては過去最高の記録となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ