Photo: Battlestate Games

ハードコアFPS『エスケープ・フロム・タルコフ』が最新アップデートで「ディープ・ラーニング・スーパー・サンプリング(DLSS)」に対応することが明らかとなっている。

開発元のバトルステイト・ゲームズはツイッチで『エスケープ・フロム・タルコフ』を大幅にアップデートする予定であると発表しており、具体的なアップデート内容として、DLSSへの対応やアイテムのクラフト・修理、新たな武器やボスの登場などを紹介している。

DLSSはゲームのフレームレートやグラフィックのパフォーマンスを改善する。DLSSを適用するにはNvidiaのRTXグラフィックスカードが必要となっており、このカードを使うことでグラフィックの品質を損なうことなく高フレームレートを実現できる。

最新アップデートでは新たな武器として「フレアガン」が登場する。フレアガンを使うと、『エスケープ・フロム・タルコフ』の空中投下機を呼び出して戦利品を素早く手に入れることができる。一方で、この武器を使用すると飛行機の騒音がひどく、投下地点の近くで火を放つことになるためプレイヤーは急いで投下地点に向かう必要がある。

また、銃身の長さや口径の大きさを選ぶことができる武器「キアッパ・ライノ」やリロードスピードを早くする「スピードローダー」も登場する。キアッパ・ライノは穴の大きさが1×1と小さく、ベストに入れて持ち運べるサイズになっている。

既存のエリア「ライトハウス」もアップデートされる。このエリアではプレイヤーの手足を狙ってくる新しいボスが登場する。また、エリア内の灯台の中でプレイヤーがアイテムを所持している時に「ライトキーパー」と呼ばれる商人と遭遇できればアイテムの交換ができる。

さらに、アイテムのクラフトに使用する「ドライバー」や「ライター」のほか、「修理キット」も新たに登場する。このキットは商人にお金を払うことなく入手できる。

『エスケープ・フロム・タルコフ』のアップデートの日程は現時点では明らかになっていないが、近日中にアップデートされる予定となっている。

その他のニュースとして、『オーバーウォッチ』の「アニバーサリー・リミックス・イベント」で歴代の様々なスキンが選べるようになることが発表されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ