Photo: Heart Machine

2016年にリリースされたアクション・ゲーム『ハイパー・ライト・ドリフター』と同じ世界観を共有する新作『ハイパー・ライト・ブレイカー』が2023年春よりPC向けに早期アクセス版を配信予定となっている。

同タイトルはソロでもオンライン協力プレイでも楽しめる3Dアクション・ゲームとなっている。

開発元のハート・マシーン社は『ハイパー・ライト・ドリフター』のリリース6周年を記念するイベントで新作『ハイパー・ライト・ブレイカー』を4月1日に発表しており、トレイラー動画を公開している。

トレイラー動画はこちらから。

『ハイパー・ライト・ブレイカー』ではオープンワールドが採用されており、ホバーボートやグライダーを使ってマップ内を移動できるほか、多彩な武器も登場する。また、スチームの製品ページではプレイヤー同士が交流できる「セトルメント(集落)」があることも紹介されており、ゲームの進行状況に応じて「キャラクターの新たな一面が見られたり(スキルなどの)恒久的なアップグレード」を受けることができるという。

ハート・マシーン社で『ハイパー・ライト・ブレイカー』の開発に携わるアレックス・プレストンは配信番組『エックス・プレイ』で、新作について「ゲームスタイルや世界観などのDNAは前作から引き継がれているのですが、同タイトルは当社のこれまでのタイトルとは大きく異なっています」と語っている。

ハート・マシーン社は2016年に『ハイパー・ライト・ドリフター』を発売し、昨年スタジオ初となる3Dを取り入れたアクションゲーム『ソーラー・アッシュ』をリリースしている。アレックス・プレストンは開発チームが『ソーラー・アッシュ』の初期開発を経験したことで、新たな3Dゲームの制作に「よりスムーズに」取り掛かれたと述べている。

『ハイパー・ライト・ブレイカー』はギアボックス・パブリッシングからPC向けに発売予定となっているが、他のプラットフォームでのリリースに関しては明らかになっていない。

その他のニュースとして、プレイステーション5版『アベンジャーズ』でゲームがクラッシュする問題が発生しており、開発元のクリスタル・ダイナミックスはキャンペーンの進行をリセットすると問題を回避できると説明している。この方法を用いればクラッシュは回避できるが、プレイヤーはセーブデータを失ってしまうため、クリスタル・ダイナミックスは引き続き不具合の修正に取り組んでいる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ