Photo: Christian Petersen / Gettyimages

アメリカのエンターテインメント・ソフトウェア協会は世界最大のゲームイベントの1つである「E3 2022」の開催を見送ることを発表している。

今年1月には同イベントの現地開催を中止するとの方針を示しており、一部ではオンライン開催も中止になるのではないかと噂されていた。これを受けて、エンターテインメント・ソフトウェア協会は「E3 2022」の開催中止を正式に発表しており、次のように述べている。

「『E3』は新作ゲームやゲーム業界の革新を祝うために、活気あふれるゲームイベントとして2023年に戻ってきます」

「来夏に現地およびオンラインで活気のある『E3』をお届けするため、全精力および全リソースを投入して取り組んでいます。『E3 2023』ではコミュニティ、メディア、ゲーム業界が再び1つになって、現地会場でも、お好きなデバイスからでも、新たなイベント形式とインタラクティヴな体験を存分に楽しめるようにする予定です」

「E3 2023」は例年通りロサンゼルスでの開催を予定している。

今年1月、エンターテインメント・ソフトウェア協会は「新型コロナウイルスによる健康リスクと、出展者および参加者の安全を考慮」して「E3 2022」の現地開催は中止することを発表していたが、この時点ではオンライン開催の可否について言及されていなかった。

「E3 2022」は中止となったものの、今夏もその他のゲームイベントは開催される見込みとなっている。ジャーナリストのジェフ・キーリーは「E3 2022」の中止を受けて、2022年6月に「サマー・ゲーム・フェス」を開催することを明らかにしている。

マイクロソフトやソニーなどの大手パブリッシャーも新作発表の場として独自のイベントを開催する可能性が高いと見られているが、現時点では詳細は発表されていない。なお、任天堂は毎年「E3」と同時期に新作情報番組「ニンテンドーダイレクト」を放送している。

その他のニュースとして、スウェーデンのインディ・スタジオ「シャークモブ」がバトルロイヤル・ゲーム『ヴァンパイア:ザ・マスカレード ブラッドハント』をプレイステーション5とPCで4月27日にリリースすることを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ