Photo: Data East/Ziggurat

80年代のゲーム開発会社であるデータイーストはジッグラト・インタラクティブに名作アーケードゲーム15本のPC版を販売する権利を譲渡しており、これらのタイトルが今月リリースされる。

データイーストは『ヘビーバレル』、『スーパーバーガータイム』、『JOE&MAC 戦え原始人』など、80年代と90年代に大人気となったゲームの開発会社となっている。ジッグラト・インタラクティブは古い作品の知的財産権を購入してPC版としてアップデートして販売する会社で、そのファンを「アーケードジャンキー」と表現している。

ゲームは順次順に発売される予定で、第1弾としてまず3月3日にアーケードタイトル8本が発売される。具体的には、『JOE&MAC 戦え原始人』、『スーパーバーガータイム』、『ヘビーバレル』、『スーパーリアルダーウィン』、『ウエスタンエクスプレス』、『クルードバスター』、『ドラゴンニンジャ』、『ダークシール』の8タイトルが対象となる。

これらのタイトルはスチーム、GOG、ハンブルバンドルストアで発売され、発売を記念して33%割引が適用されるという。

事業開発部門のシニア・ヴァイス・プレジデントであるマイケル・デヴァインは次のように語っている。「『データイースト』という名前は80年代と90年代のアーケードゲームの代名詞であり、これらのゲームを初めてPC版としてプレイヤーに提供できることに興奮しています」

「これらのゲームは世界中の何百万人もの人々がプレイし楽しんできた名作であり、新しい世代のゲーマー達と共有できることにワクワクしています」

他のゲーム関連のニュースとしては、『シンキングシティ』がスチームに復活したが、同ゲームの開発会社であるウクライナのフロッグウェアは販売元であるナコンとの間で起きている法的紛争を理由にユーザーに対して同ゲームを購入しないように求めている。

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説から生み出されたクトゥルフ神話を題材とした探偵ゲームは2月27日に60%という大幅値引きでスチームに復活している。しかし、フロッグウェアは「このバージョンの購入はお勧めしません」と述べて、現在のバージョンのゲームを購入しないようファンに警告している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ