Photo: Sony Interactive Entertainment

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントはサブスクリプション・サービス「プレイステーション・プラス」を大幅にリニューアルした新たなサービスを2022年6月より開始すると発表している。新サービスは「プレイステーション・プラス」と「プレイステーション・ナウ」を統合して3段階のプランから選択できるようになる。

公式ブログの発表によると、「プレイステーション・プラス」の新たなプランは「プレイステーション・プラス・エッセンシャル」、「プレイステーション・プラス・エクストラ」、「プレイステーション・プラス・プレミアム」の3段階で、サービス内容と価格は以下の通りとなっている。

「プレイステーション・プラス・エッセンシャル」は既存のプレイステーション・プラスと同様のサービス内容で、フリープレイ(毎月2つのゲームを追加費用なしでダウンロード可能)、加入者限定割引、セーブデータお預かり(クラウドストレージ)、オンライン・マルチプレイを楽しむことができる。また、価格(税込)は1ヶ月850円/3ヶ月2,150円/12ヶ月5,143円となっている。

「プレイステーション・プラス・エクストラ」は「プレイステーション・プラス・エッセンシャル」に含まれるすべてのサービスを利用できるほか、数百本のプレイステーション4およびプレイステーション5の人気タイトルをダウンロードして楽しむことができる。ラインナップにはプレイステーション・スタジオのタイトルのほか、ソフトメーカー各社のヒット作品も含まれる。価格(税込)は1ヶ月1,300円/3ヶ月3,600円/12ヶ月8,600円となっている。

「プレイステーション・プラス・プレミアム」は「プレイステーション・プラス・エッセンシャル」と「プレイステーション・プラス・エクストラ」に含まれるすべてのサービスが利用できるほか、クラウドストリーミングでプレイ可能なプレイステーション3のタイトルや、初代プレイステーション、プレイステーション2およびプレイステーション・ポータブルのクラシックタイトルなど、最大240本のタイトルが追加で楽しめる。また、購入前にゲームをお試しでプレイできるゲームトライアル(プレイ時間に制限あり)も利用できる。価格(税込)は1ヶ月1,550円/3ヶ月4,300円/12ヶ月10,250円となっている。

公式ブログによれば、「プレイステーション・プラス・エクストラ」と「プレイステーション・プラス・プレミアム」のプランでは、サービスのリニューアルと同時に『デス・ストランディング』、『ゴッド・オブ・ウォー』、『マーベル・スパイダーマン』、『リターナル』などが提供されるという。また、これまでの「プレイステーション・ナウ」のサービスは「プレイステーション・プラス」に統合されて、独自のサブスクリプション・サービスとしての提供は終了することも発表されている。現在の「プレイステーション・ナウ」の加入者は「プレイステーション・プラス・プレミアム」に自動的に移行され、移行時に追加の費用は発生しないという。

新サービスは2022年6月から日本を含むアジアの複数地域で提供が開始された後、北米、欧州、そして現在「プレイステーション・プラス」のサービスが提供されている地域へと順次拡大される予定となっている。2022年前半には、ほぼすべての「プレイステーション・ネットワーク」の対象地域で新サービスが提供される見通しとなっている。

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントの社長兼CEOであるジム・ライアンは『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』のインタヴューで、プレイステーション・プラスの新サービスに自社タイトルをリリース初日から導入することについて次のように述べている。「当社のあらゆるサービスで過去に自社タイトルをリリース初日に導入したことはありませんし、今回の新サービスでも同様に考えています」 この方針は『ヘイロー・インフィニット』のような大作をリリース初日からプレイできるXboxゲーム・パスのアプローチとは対照的となっている。

その他のニュースとして、『エーペックスレジェンズ』は本日3月30日にプレイステーション5版とXboxシリーズX/S版が配信されることが明らかとなっている。このアップデートにより、4K出力やHDRへの対応、フル60Hzでのゲームプレイが可能となり、高解像度化によるグラフィック品質の向上が実現する。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ