Photo: Respawn Entertainment

リスポーン・エンターテインメントは『エーペックスレジェンズ』のプレイステーション5版とXboxシリーズX/S版が本日3月30日にリリースされている。今後のアップデートで機能が随時追加される予定となっている。

同社は『エーペックスレジェンズ』の公式ツイッター・アカウントで3月29日に次世代機版のリリースを告知しており、HDRへの対応やリフレッシュレートがフル60Hz対応となることを説明している。さらに、プレイステーション5版とXboxシリーズX版では4K出力に対応し、影を描写する際の解像度が向上しているほか、遠くの景色もより鮮明になるという。

また、プレイステーション5のデュアルセンス・コントローラーに搭載されている「ハプティック・フィードバック」や「アダプティブ・トリガー」機能への対応、プレイステーション5版とXboxシリーズX/S版でのヴィジュアルとオーディオの改善、リフレッシュレート120Hz対応などは今後のアップデートで導入予定となっている。

XboxシリーズX/S版『エーペックスレジェンズ』では最新のヴァージョンが自動的に配信されるXboxスマート・デリバリーが使用できるため手動でのアップデートは不要だが、プレイステーション5版では次の手順でアップデートを行う必要がある。

1. ダッシュボードで『エーペックスレジェンズ』を選択する。
2. 「ゲームプレイ」ボタンの横にある「…(オプション)」メニューを選ぶ。
3. 「ヴァージョンを選択」からプレイステーション5版を選んでアップデートをダウンロードする。
4. ダウンロード完了後に、ゲームライブラリからプレイステーション4版を削除する。

今回のアップデートはプレイステーション5、XboxシリーズX/Sで配信されるが、XboxシリーズSについてはリフレッシュレート60HzとHDR対応のみが適用される。

『エーペックスレジェンズ』の関連情報として3月29日から4月12日まで9対9で対戦する期間限定モード「コントロール」が再び登場している。このゲームモードではプレイヤーはチームを組んでマップ上に設定された「コントロールポイント」の制圧を目指す。

また、新たなアリーナマップ「ドロップオフ」も追加されており、マルタ島の高層ビルエリア内で一段と高くそびえ立つタワー「ドロップオフ」が舞台となっている。新マップは近・中距離戦に向いているが、垂直移動が得意なレジェンズには不利になるとみられている。

ゲームモード「コントロール」やその他のイベントに関する詳細は『エーペックスレジェンズ』の公式ブログで確認できる。

その他のニュースとして、バンダイナムコエンターテインメントは新作RPG『ワンピース オデッセイ』を2022年内にリリースすることを公式サイトで発表している。同タイトルは『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画『ワンピース』の原作者である尾田栄一郎の協力のもと開発が進められている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ