Photo: Square Enix

『ファイナル・ファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹は3月4日に生放送された「第69回FFXIVプロデューサーレターLIVE」内で「データセンタートラベル」などの説明が不十分だったとして、公式ブログで改めて説明を行っている。

「データセンタートラベル」は「パッチ6.18」で導入される新機能となっており、吉田直樹は3月28日に公式ブログを更新して、いくつかの新情報を公開している。

先日の放送では「データセンタートラベル」や「ワールドリグループ」についてアナウンスされたが、このときの言葉選びや説明の不足のために、特に日本データセンターを利用しているプレイヤーに混乱が生じていた。

吉田直樹は「同放送内にて、『データセンタートラベルは、ワールドリグループ実施よりも前に実装』と口頭にてお伝えいたしましたが、正しくは、『両者は同時に実装/実施』となります。実装/実施スケジュールのご報告にミスがあり、申し訳ございません」と述べて、次のように続けている。「また、情報公開後の皆さんからのフィードバックを拝見し、ワールドリグループに対するサポートとして、無料のホームワールド変更サービス期間を、新たなハウジングエリアが販売開始となるパッチ6.1リリース前にも設けさせていただきます」

すでに「第69回FFXIVプロデューサーレターLIVE」放送後にホームワールド変更を行ったプレイヤーには補填を行うという。

また、吉田直樹は4月中旬に配信予定の「パッチ6.1 新たなる冒険」について、「開発チームはパッチ6.1『新たなる冒険』の調整とデバッグを行っており、新たな物語の始まりと共に、多数のコンテンツをお届けすべく、最終の追い込み作業に突入しています」とコメントしている。

「パッチ6.1」では『ファイナル・ファンタジーXIV』に新たなメインクエストやサブクエスト・シリーズ「タタルの大繁盛商店」が追加される予定となっている。さらに、新たなインスタンスダンジョンやアライアンスレイドのほか、絶レイド「絶竜詩戦争」、少人数PvP「クリスタルコンフリクト」などのコンテンツも追加が予定されている。

「パッチ6.1」の詳細は4月1日午後8時から配信予定の「第70回FFXIVプロデューサーレターLIVE」で公開される見通しとなっている。

その他のニュースとして、リスポーン・エンターテインメントは3月29日から4月12日までの期間限定で『エーペックスレジェンズ』に9対9の「コントロール」モードが復活することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ