Photo: BBC Studios / Epic Games

英BBCスタジオはイギリスのSFドラマシリーズ『ドクター・フー』をモチーフにした「ターディス島」を『フォートナイト』の中で公開している。

『ドクター・フー』の公式サイトは「ターディス島」は『フォートナイト』の「クリエイティブ・モード」を使ってBBCスタジオが独自に作成したもので、エピック・ゲームズとのタイアップ企画ではないと説明している。

『フォートナイト』の「クリエイティブ・ハブ」にある「裂け目」からコマンド「島コードの設定」を選択し、「島のコード:3610-1396-4646」を入力することで「ターディス島」に移動できる。

『ドクター・フー』の公式サイトでは次のように紹介されている。「正体不明の『リアリティ・ウイルス』が原因で、島にタイムマシーン『ターディス』が現れました。プレイヤーは、ターディスの修理に必要な『ダイナモルフィック・ジェネレーター』の部品を探すことになります」

「プレイヤーはまずターディス着陸地点からゲームを始めることになります。故障したターディスを修理するには、島中に散らばったダイナモルフィック・ジェネレーターの部品を集める必要があります。特別な報酬を獲得するためにミッションクリアまで最後まで気を抜かずにがんばりましょう」

「ターディス島」は『ドクター・フー』に登場する場所やキャラクターを基にした4つのエリアで構成されており、各エリアには様々なミッションが用意されている。惑星「カンドカ」の衛星に存在する運送屋「カーブラム」をモチーフにしたエリアでは小さな部屋の中で戦う「ボックスファイト」をすることになる。このエリアには配達ロボットの「カーブラム・マン」が背景に配置されている。

「エスケープ・マップ」のエリアでは、宇宙船「クアッドゾーン・レスキュー号」から脱出し、宇宙船のシステムを破壊するエイリアン「プティング」を食い止めることになる。プレイヤーは「ライフ・ポッド」の修理に必要な10個の機械部品を探し、脱出を目指すことになる。

そして、「ランブル・マップ」のエリアでは、プレイヤーはチームと装備品を選択し、エイリアン「タイムロード」か「ダーレク」のどちらかと協力して戦うことになる。

BBCスタジオのゲーム&インタラクティヴ部門でグローバル・ディレクターを務めるマット・ウェイは「『フォートナイト』というゲーム内で『島』を作成して、『ドクター・フー』の長い歴史の中でも新しい領域に足を踏み入れることになりました。『フォートナイト』のプレイヤーの皆様に『ドクター・フー』の世界観を楽しんでいただけると期待しています」と述べて、次のように続けている。「ゲーマーの方々に『ドクター・フー』を紹介する絶好の機会であると同時に、『ドクター・フー』のファンにとっても新しい楽しみ方を提供できるのではないかと思います」

その他のニュースとして、アメリカのゲーム開発会社ポリアークはVRアクション・パズル・ゲーム『モス:ブック2』を3月31日に発売することを発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ