Photo: FromSoftware

バンダイナムコエンターテインメントはフロム・ソフトウェアと共同開発したアクションRPG『エルデンリング』の世界累計出荷本数が1200万本を突破したことを発表しており、今後はゲームのみならず、IP(キャラクターなどの知的財産)を軸にさまざまな分野で展開していく方針であることを明らかにしている。

バンダイナムコエンターテインメントの代表取締役社長である宮河恭夫は3月16日付のプレスリリースで『エルデンリング』について「世界中のファンの皆さまの期待を超える作品をお届けすべく、長い歳月をかけて創り上げてきました」と述べて、次のように続けている。

「『エルデンリング』は、今後、ゲームだけではなく生活の中でも触れていただけるようさまざまな領域で展開していきたいと考えております。これからもエンターテインメントが生み出す心の豊かさを創造することで、ファンの皆さまとつながることを目指してまいります」

『エルデンリング』は2月25日の発売からわずか数週間のうちに、世界累計出荷本数が1,200万本を突破し、国内の累計出荷本数も100万本を超えている。宮河恭夫は作品のファンに感謝を伝えるとともに「ディレクター宮崎氏をはじめとするフロム・ソフトウェアの皆さま、ジョージ・R・R・マーティン氏と共に、本作品を創り上げられたことを誇りに思います」とコメントしている。

また、開発元のフロム・ソフトウェアの代表取締役社長にして『エルデンリング』のディレクターである宮崎英高は「本当に多くの皆さんに本作をプレイしていただけ、とても驚いています」とコメントしている。

宮崎英高はファンに感謝を伝え、「ジョージ・R・R・マーティン氏の神話をベースに作られた、広大な世界で、自由度が高く脅威に満ちた冒険を楽しんでもらえていれば、とても嬉しいです」と続けている。

『NME』の記者のアンディ・ブラウンは『エルデンリング』のレヴューで満点となる5つ星を付けている。「『エルデンリング』は圧巻の作品です。洗練されたオープンワールドのフィールドには、想像を超える驚きが待ち受けています。レガシーダンジョン(巨大なダンジョン)はフロム・ソフトウェア史上最高のステージ・デザインになっており、今後も語り継がれていくことでしょう」

その他のニュースとして、マイクロソフトは今月からXboxゲーム・パスにアクションRPG『ウィアード・ウェスト』、スノーボードゲーム『シュレッダーズ』、レースゲーム『F1 2021』などのタイトルが登場することを明らかにしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ