Photo: Capcom

カプコンは『モンスターハンターライズ』の特別番組を公開し、今夏にリリース予定の『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が6月30日に全世界同時発売されることを明かしている。

20分間の特別番組「モンスターハンターライズ:サンブレイク スペシャルプログラム」が3月15日にライヴ配信されており、プロデューサーが番組内で『モンスターハンターライズ:サンブレイク』のリリース日程や最新のゲーム情報を発表している。

番組によると、『サンブレイク』には「観測拠点エルガド」で展開される新たな物語やフィールド、モンスター、進化したハンティングアクション等が新たに加わり、ハンターランクには「マスターランク」が追加されるという。

新たに登場する「城塞高地」は「自然の中に取り残された古城を中心に森林エリアや氷雪エリアなど様々な表情を持つフィールド」で、「かつて繁栄した文明は見る影もなく、今はモンスターたちの牙城」となっており、「変幻翔蟲」や「オニクグツ」といった新たな環境生物が登場する。

さらに、重厚かつ強靭な身体を持つ牙獣「ガランゴルム」や戦闘中全身に氷を纏う牙竜「ルナガロン」、メインモンスターの古龍「メル・ゼナ」といった新モンスターが紹介されている。『サンブレイク』で最重要ターゲットとされるこの3体は「王域三公(おういきさんこう)」と呼ばれ、それぞれの特徴を武器に攻撃を仕掛けてくるという。

またリリース後の「無料タイトルアップデート」も計画されており、プロデューサーは「詳細については今後順次お伝えしてまいります」とコメントしている。

同社によると、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』のみ購入する場合はダウンロード版が用意されており、価格は税込4990円となっている。また、本編とセットになった『モンスターハンターライズ+サンブレイク セット』は、パッケージ版が税込8789円、ダウンロード版が税込7990円となっている。さらに、『モンスターハンターライズ:サンブレイク デラックスエディション』や『モンスターハンターライズ + サンブレイク ダブルデラックスセット』といった豪華版のリリースも予定されているという。

番組ではさらに同タイトルの「amiibo(アミーボ)」3種類の同時発売も発表されている。ゲームと連動するキャラクターフィギュア「amiibo」をプレイ中に使用すると、ゲーム内で「重ね着装備」の特典をもらえるという。

Nintendo Switch向けソフト『モンスターハンターライズ』は2021年3月に発売されたのち、同年12月にPC版(スチーム)がリリースされている。なお、PC版の内容はNintendo Switch版の配信済みコンテンツやダウンロードコンテンツがすべて収録されたものとなっている。

その他のニュースとして、『ザ・シムズ4』の最新ダウンロードコンテンツ『デコー・トゥー・ザ・マックス』が現地時間3月21日に配信されることが公式ツイッター・アカウントで発表されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ