Photo: Konami

コナミデジタルエンタテインメントはインディ・ゲームのクリエイターを支援するイベント『インディー・ゲームズ・コネクト2022』の開催を発表している。

『インディー・ゲームズ・コネクト2022』は6月26日に東京都内のコナミクリエイティブセンター銀座で開催されるという。同イベントはクリエイターの出展費用も来場者の入場料も完全無料となっている。コナミデジタルエンタテインメントは同社のプレスリリースで「『自らのアイデアを注ぎ込んだ渾身のゲームを、より多くの人に届けたい』『自分の手で作り上げた作品を、より多くの人に楽しんでもらいたい』と願っているクリエイターの想いに応え、少しでもたくさんの方々の手に触れていただくために、クリエイターとユーザー、またはクリエイター同士の交流の場を作りたいと考え、このイベントを開催する事にいたしました」と述べて、次のように続けている。

「当日ご来場いただく皆様、そして出展を希望されるクリエイターの皆様に、少しでも大きな『つながり』を作っていただきたく、出展料、入場料は共に無料といたします」

展示会以外にも、制作経験豊かなプロフェッショナルが疑問や悩みに答える出展者向けのゲーム開発相談会も開催される。また、ゲーム業界で活躍している業界関係者やゲームデザイナーによるセミナーも開催が予定されている。

ゲーム開発者向けセミナーでは、吉田修平が登壇して「インディーゲームとクリエイターの未来」について語ることが明らかとなっている。吉田修平はプレイステーションを手掛けるソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)ワールドワイド・スタジオの元代表で、現在ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント インディーズ イニシアチブ代表を務めている。

出展を希望するクリエイターは、『インディー・ゲームズ・コネクト2022』の公式サイトから申し込みが可能となっている。

その他のニュースとして、ライアットゲームズは『リーグ・オブ・レジェンド』におけるプレイヤーの妨害行為に対処する新しいアプローチを始めると発表している。全体の5%を占める妨害行為をしているプレイヤーではなく、残りの95%のプレイヤーに焦点を切り替え、彼らに報酬を与えることで良いプレイを促進することを期待しているという。 

また、アクションRPG『デウスエクス』のディレクター兼プロデューサーとして知られるウォーレン・スペクターは『ゲームズビート』のインタヴューの中でNFTについて「ばかばかしい」、「なぜみんな流行に乗ろうとしているのか理解できない」と発言している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ