Photo: Tango Gameworks

3月25日にリリースされる『ゴーストワイヤー:トーキョー』の最新トレイラー動画が配信されており、ゲームの発売に先立ち、次世代のグラフィック技術で再現された東京の街並みが公開されている。

トレイラー動画にはプレイステーション5でキャプチャーされたムービーやゲームプレイのデモ映像が収録されており、『ゴーストワイヤー:トーキョー』の圧倒的な没入感とその映像美を確認することができる。主人公が元素を操り、敵を倒す姿はFPSゲーム『バイオショック』に登場する能力「プラスミド」を彷彿とさせるが、本作は最新のグラフィック技術で制作されたよりスタイリッシュで華麗な戦闘シーンを特徴としている。

『ゴーストワイヤー:トーキョー』は主人公の「暁人(アキト)」が危険なオカルト主義者の引き起こした超常現象「人体消失」によって人々が姿を消した東京を舞台に、様々な妖怪や亡霊の跋扈する街を探索しながら未知と対峙し、東京を救う物語となっている。

プレイヤーは主人公になりきって敵を退治しながら、細部まで見事に再現された「渋谷のスクランブル交差点」や「東京タワー」といった名物スポットを探索することになる。人々が消えて妖怪や亡霊がさまよう東京を舞台にちょっとした観光気分も味わえるだろう。

また、主人公の操る元素パワーは段階的に進化するため、ゲームが進行するごとにプレイヤーの討伐スキルは上がっていくことになる。

開発元のタンゴゲームワークスのディレクターである木村憲司は『ゴーストワイヤー:トーキョー』に登場する能面を被った敵「般若」について「日本の伝統芸能で使用される能面の歴史からインスピレーションを得ました」とプレイステーションの公式ブログで語っており、「(般若などの)能面は人間の役者が人間ではないもの、例えば鬼や亡霊などを演じるときにつけるものです」と説明している。

『ゴーストワイヤー:トーキョー』は3月25日にプレイステーション5、プレイステーション4、スチーム(PC)でリリースが予定されており、各プラットフォームで予約が受付中となっている。また、プレイステーション5版のスタンダード・エディションもしくはデラックス・エディションを予約すると全プラットフォーム共通の特典であるコスチューム「般若」とプレイステーション5版限定のコスチューム「プレミアム・バイクスーツパック」を入手できる。

デラックス・エディションについてはこの他にもボーナスコンテンツの「忍」のコスチュームや武器「クナイ」、主人公の普段着がセットになった「ストリートウェア」パックが付いてくる。さらに3日間先行して本編がプレイできるようになる。なお、オンラインサービス「プレイステーション・プラス」の会員であれば各エディションの予約時に10%の加入者限定割引が受けられるという。

その他のニュースとして、カプコンは完全新作となるオンライン対戦型アクションゲーム『エグゾプライマル』を2023年にリリースすると発表している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ