Photo: Housemarque

ハウスマルク社がPlaystaion 5で独占発売予定の『リターナル』の新しいトレイラー映像を公開している。

トレイラー映像は主にゲームの舞台となる惑星「アトロポス」を紹介しており、あるシーンでは本作の主人公セレーネが「森だったのに、沼になった」と発言しているように様々な環境が変化していくことが明らかになっている。

その他のシーンでは荒れ果てた砂漠や古代都市の廃墟などが登場しているが、ごく普通の家も登場していることから、様々な心理的物語が展開することが示唆されている。

しかし、あるエリアが別のエリアとまったく異なるわけでもなくあるシーンで砂漠の荒れ地にそびえ立っている建造物のタワーが、別のシーンにある極寒の地でも同じ位置にあるのが確認できる。

『リターナル』は、時間のループに囚われたプレイヤーが、プレイする度に新しい環境から始めるタイプのシューティング・ゲームとなっている。ゲームオーバーとなる度にゲームプレイが最初からスタートするが、惑星の環境はその都度変化していく。

新トレイラー映像はこちらから。

最新のトレイラー動画はアクション満載というわけではないものの、リリース発表時のトレイラー映像ではハウスマルク社を有名にした『ネックス・マシーナ』やPS4用タイトル『レゾガン』のようなテンポの速いガンアクションや魅力的なヴィジュアル・エフェクツを『リターナル』が継承するとしていた。

『リターナル』は当初来月に発売される予定だったが、開発チームがゲームをより洗練させるためとして6週間の延期が発表されていた。現在4月30日に発売予定となっている。

その他の関連ニュースとして、ソニーは「ステイ・アット・ホーム」の取り組みの一環として、3月にPS4とPS5の全ユーザーを対象に『ラチェット&クランク』を無料で配信することを発表している。

また、ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントのCEOジム・ライアンは今春『デイズ・ゴーン』を皮切りに、より多くのプレイステーション・タイトルがPCに登場すると発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ