Photo: Next Level Games

ネクスト・レベル・ゲームズの社長であるダグラス・トロンスガードが20年以上身を置いてきたゲーム業界からの引退を表明している。同社は『ルイージマンション3』などを手がけるカナダのゲーム開発スタジオで、現在は任天堂の100%子会社となっている。

ダグラス・トロンスガードは自身のリンクトインのプロフィールページでこう説明している。「20年以上ゲーム業界に携わってきましたが、このたび引退することをご報告します。これまでお世話になった皆さんに『ありがとう』と感謝申し上げます。特に、私とネクスト・レベル・ゲームズを信頼して(ゲーム制作の機会を与えてくれた)任天堂には改めて感謝の意を表したいと思います。また、ネクスト・レベル・ゲームズの歴史の一部として貢献できたことを光栄に思います」

彼はさ次のように続けている。「これから、私の人生の新たな1ページが始まります。しばらくの間は妻と旅行を楽しむ予定です」

ダグラス・トロンスガードの後任として、誰がネクスト・レベル・ゲームズの社長に就任するかは発表されていない。

任天堂は2021年1月に『ルイージマンション3』の開発会社であるネクスト・レベル・ゲームズの株式のすべてを取得することを発表しており、ダグラス・トロンスガードはCEOから社長に就任していた。

2月10日に公開された最新版ニンテンドーダイレクトでは、ネクスト・レベル・ゲームズの最新作『マリオストライカーズ:バトルリーグ』のリリースが発表されており、5対5の対戦型サッカーゲームとしてNintendo Switchで6月10日に発売される予定となっている。ネクスト・レベル・ゲームズは2006年にゲームキューブ向けに発売された同シリーズの『スーパーマリオストライカーズ』を手掛けており、今回のリリースでは新たなファン層を拡大することとなる。

その他のニュースとして3月5日、『ヘイロー・インフィニット』のマルチプレイヤー・デザインチームでリーダーを務めたアンドリュー・ウィットが343インダストリーズを退社したことを自身のツイッター・アカウントで明らかにしている。「この数年間、リーダーとしてマルチプレイヤー・デザインチームを率いたことを光栄に思います。さらに、長年にわたってフィードバックを寄せていただいた『ヘイロー』ファンの皆様に感謝申し上げます。私たちはファンの皆様に楽しんでいただけることを第一に考えてこのゲームを作ってきました」と述べている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ