Photo: FromSoftware

2月25日にリリースされたアクションRPG『エルデンリング』がシリーズ最多の初週セールスを記録している。2月26日付で発表されたイギリスのゲーム・セールス・ランキングによれば、発売初週ではやくも首位を獲得している。

このニュースは『ゲームズ・インダストリー・ドット・ビズ』が掲載したGFK社のゲーム・セールス調査によって明らかとなっており、『エルデンリング』はこれまでの『ソウル』シリーズ作品の中で最多となる初週セールスを記録することとなった。『ソウル』シリーズとは『ダークソウル』、『デモンズソウル』、『ブラッドボーン』、『隻狼:シャドウズ ダイ トゥワイス』などの作品を含むシリーズの総称となっている。

『ソウル』シリーズでは2016年の『ダークソウル III』が最多の初週セールス(販売本数)となっていたが、『エルデンリング』はその記録を26%上回っている。今回のGFK社の調査ではパッケージ版の販売本数のみが公開されているが、デジタル版のセールスも好調であることが予想されており、こちらは今週末に公表される見通しとなっている。

『エルデンリング』はNintendo Switch専用ソフト『ポケモン レジェンズ アルセウス』、プレイステーション4&5専用ソフト『ホライゾン フォービドゥン ウエスト』に次いで、今年3番目の最多初週セールスを記録している。

『エルデンリング』のパッケージ版の販売本数はプレイステーション5版が63%を占めており、プレイステーション4版が17%、Xbox(XboxシリーズX/SおよびXboxOne)版が同じく17%、PC版が3%となっている。なお、PCとXboxの販売本数は、デジタル版が大半を占める傾向にある。

先週のイギリスのゲーム・セールス・ランキングでは、2位に『ホライゾン フォービドゥン ウエスト』がランクインしており、販売本数は前週比で79%減となっている。

3位は『ポケモンレジェンズ アルセウス』で、販売本数は前週比で5%増となっている。4位には、有料追加コンテンツの配信が先日発表されたNintendo Switch専用ソフト『マリオカート8 デラックス』がランクインしている。

先日、ゲーム・クリエイターの宮崎英高が『ニューヨーカー』誌のインタヴューの中で、ゲームでは死を恐れず試行錯誤を楽しんでほしいと語っている。宮崎英高はフロム・ソフトウェアの代表取締役社長であり、『ダークソウル』や『エルデンリング』の生みの親として知られている。

その他のニュースとして、ヴァルヴ社の社長であるゲイブ・ニューウェルは『PCゲーマー』のインタヴューで、スチームでは暗号通貨での支払いの50%が不正だったことを明らかにしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ