Photo: The Pokémon Company

株式会社ポケモンは『ポケットモンスター』シリーズの最新作となる『ポケットモンスター スカーレット』と『ポケットモンスター バイオレット』(以下、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』)をNintendo Switch対応で2022年冬に世界同時発売することを発表している。

2月27日23時に配信された番組「ポケモンプレゼンツ」で公開されたトレイラー動画によれば、最新作は『ポケモン レジェンズ アルセウス』に近いゲームプレイになると見られており、最初のパートナーである新たな3匹のポケモンも紹介されている。

新たな「冒険のパートナー」となる最初のポケモンとして、ネコのような姿をした「くさ」タイプのポケモン「ニャオハ」、ワニをモチーフにした「ほのお」タイプのポケモン「ホゲータ」、可愛らしいアヒルのような「みず」タイプのポケモン「クワッス」が登場する。また、動画では「ピカチュウ」や「ニャース」といったお馴染みのポケモンたちの姿も確認できる。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』では「オープンワールドで豊かに表現された世界を、自由に冒険する」ことができ、リリース後には「ポケモン ホーム」との連携も予定されている。「ポケモン ホーム」を利用すれば、他の地方のポケモンたちを活躍させることができるようになる。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は『ポケットモンスター』シリーズの完全新作となり、2022年冬に世界同時リリース予定となっている。現時点では、これ以上の詳細は明かされていない。

また、今回の配信番組「ポケモンプレゼンツ」では他の新作に関する発表は行われなかった。

その他のニュースとして、ガンシューティング・ゲーム『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド:リメイク』について、これまでNintendo Switch向けタイトルとしてリリースされると発表されていたが、北米向けのレーティング情報欄にグーグル・ステイディアへの対応を示唆する情報が掲載されていることが明らかとなっている。

また、ヴァルヴ社の創設者であるゲイブ・ニューウェルは『PCゲーマー』のインタヴューで、スチームでのサブスクリプション・サービスに関してマイクロソフトと提携できれば「何よりも嬉しい」と語っており、スチームに「Xboxゲーム・パス」が導入される可能性があると見られている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ