Photo: Epic Games

エピック・ゲームズはQA(品質管理)スタッフを中心とした「数百人」規模の契約社員を正社員として雇用する方針であることが明らかになっている。

『ザ・ヴァージ』の報道によると、エピック・ゲームズで働くQA部門のスタッフやその他の「該当する契約社員」を正社員として直接雇用するとしている。

『ザ・ヴァージ』が独自に入手した情報によると、同社が従業員向けに送った内部文書には雇用形態の変更について「該当する米国在住の契約社員を、フルタイム雇用の正社員として弊社に迎えたいと思っています」と記載されているほか、「一部の例外はありますが、対象となる方の新たな雇用形態は2022年4月4日より適用されます」と書かれているという。該当しないケースもあり、「社員とエピック・ゲームズ双方の状況を考慮した上で、契約社員として雇用を継続する場合もあります」と記載されている。

『ザ・ヴァージ』はこの件について、エピック・ゲームズ広報のエルカ・ルックスから回答を得ている。彼女は対象者の多くがQAスタッフだと述べており、直接雇用となる社員には福利厚生が適用されるとしている。

また、同社が「必要に応じて」契約社員などの一時雇用を募集することも明らかにしている。なお、彼女はQAスタッフ以外の正社員化については言及していない。

その他のニュースとして、オンラインイベント「スチーム・ネクスト・フェス」がスチーム上で2月22日から2月29日まで開催されており「何百タイトルもの体験版」や「数々のライヴストリーミング」が公開されている。

「スチーム・ネクスト・フェス」では、スピードラン型FPS『ネオン・ホワイト』やキッチンカーのシミュレーションゲーム『フード・トラック・シミュレータ』のほか、スーパーファミコンでおなじみの冒険シーンを思わせるRPG『スモール・サガ』など、様々なジャンルの作品が公開されている。今回は体験版に加えて数多くのライヴストリーム配信が用意されており、体験版をダウンロードする前にゲームプレイを確認することができる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ