Photo: Square Enix

スクウェア・エニックスは『ファイナル・ファンタジーXIV:暁月のフィナーレ(別称パッチ6.Xシリーズ)』について、今後の大型アップデート「パッチ6.1」から「パッチ6.5」までのロードマップを公開し、配信予定の主なコンテンツを発表している。

2月19日にライヴ配信された「第68回プロデューサーレターLIVE」ではプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹が今後のロードマップを説明をしており、「パッチ6.5」までの詳細を発表している。ただし、ロードマップは現時点のものであり、今回発表されていないコンテンツも今後のパッチで多数追加される予定だという。

『ファイナル・ファンタジーXIV:暁月のフィナーレ(別称パッチ6.Xシリーズ)』の「パッチ6.1」から「パッチ6.5」の内容は次の通りとなっている。

「パッチ6.1」シリーズ:
・メインクエスト・アップデート(パッチ6.1~6.5)
・「ヒルディブランド:暁月編」(パッチ6.1~6.5)
・新サブクエスト「タタルの大繁盛商店」(パッチ6.1~6.5)
・ミソロジー・オブ・エオルゼア(アライアンスレイド)
・クリスタル・コンフリクト(新PvP)
・蛮族クエスト「アルカソーダラ続編」
・絶竜詩戦争(最新絶シリーズ)
・幻アルテマウェポン破壊作戦
・『新生エオルゼア編』メインクエストIDフェイス対応(2.0範囲)
・新UI「キャラクターカード(仮)」実装
・ロスガル族:新髪型対応
・イシュガルド・ハウジング「エンピレアム」開放
・お得意様取引「アメリアンス編」
・その他 討滅戦など多数のアップデート

「パッチ6.2」シリーズ:
・『新生エオルゼア編』 2.xシリーズ・メインクエストIDフェイス対応
・『蒼天編』メインクエストIDフェイス対応(2~3ID)
・武器強化コンテンツ『暁月編』開始
・新バトルコンテンツ「難易度可変ダンジョン」(1~4人向け)
・新コンテンツ「無人島開拓」開放
・その他 パンデモニウム続編、討滅戦、幻討滅戦など多数のアップデート

「パッチ6.3」シリーズ:
・『蒼天編』メインクエストIDフェイス対応(『蒼天編』完了予定)
・「ディープダンジョン」シリーズ 第3弾実装予定
・「絶シリーズ」第5弾実装予定
・「無人島開拓」アップデート
・その他 ミソロジー・オブ・エオルゼア続編、討滅戦、幻討滅戦など多数のアップデート

「パッチ6.4」および「パッチ6.5」シリーズ:
・『紅蓮編』メインクエストIDフェイス対応(『紅蓮編』完了予定)
・「難易度可変ダンジョン」第2弾、第3弾実装予定
・無人島開拓:「開拓エリア追加」
・その他 パンデモニウム完結編、ミソロジー・オブ・エオルゼア完結編など多数のアップデート

なお、「パッチ6.4」および「パッチ6.5」シリーズについては「さらに詳細を企画検討中」とされている。

このライヴ配信では他にも『ファイナル・ファンタジーXIV』のフリートライアル版の配信が2月22日から順次再開することに加えて、次期拡張版コンテンツ「パッチ7.0」で「第一次グラフィックスアップデート」を導入し、ゲーム全体のグラフィックの改善を計画していることなどが発表されている。また、吉田直樹は『ファイナル・ファンタジーXIV』にはNFTを導入しない意向も表明している。

その他のニュースとして、カプコンは今年35周年を迎える『ストリートファイター』シリーズの最新作『ストリートファイター6』の制作が決定したことを発表し、ティーザー動画を公開している。動画では「リュウ」と「ルーク」が対峙する姿が描かれている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ