Photo: Capcom

カプコンは今年35周年を迎える『ストリートファイター』シリーズの最新作『ストリートファイター6』の制作が決定したことを発表している。同社はこれまでに「謎のカウントダウン・サイト」を開設していたが、タイマーのカウントが“0”となった日本時間2月21日午後3時ごろに今回の制作決定が発表されることになった。

ツイッターやYouTubeでは『ストリートファイター6』のティーザー動画が公開されており、登場キャラクターのヴィジュアルやゲームのロゴが紹介されている。また、ティーザー動画では『ストリートファイター』シリーズでお馴染みのキャラクターである「リュウ」と「ルーク」が対峙する姿も描かれている。「ルーク」は『ストリートファイターV チャンピオンエディション』のファイナルシーズン「シーズン5」で最後に追加されたキャラクターとなっており、かねてから「次のストリートファイタープロジェクトの重要人物」になることが予告されてきた。

カプコンは『ストリートファイター6』の続報を2022年夏に公開する予定と発表している。

今回の制作決定は『ストリートファイターV チャンピオンエディション』の公式eスポーツ大会「カプコン プロ ツアー 2021 シーズンファイナル」の4日目(最終日)に発表されている。カプコンはプレスリリースで「『ストリートファイター』は新たな時代へと進み出す」と述べており、ゲームでは「最新技術を駆使した緻密なグラフィックが描かれる」と紹介している。

その他のニュースとして、『アサシン クリード ヴァルハラ』のアップデート「Ver. 1.5.0」が日本時間2月22日午後9時に配信されるほか、2月24日から2月28日までの5日間は同タイトルが無料で体験できるイベントが開催されることが明らかとなっている。

また、アクション・ゲーム『スパイロ』シリーズのファンがゲーム開発プラットフォーム『ドリームズ・ユニバース』で開発を進めているゲーム『スパイロ4:ブレイズ・オブ・グローリー』について、新たなトレイラー動画が公開されている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ