Photo: Nintendo

1月28日に世界同時リリースされた『ポケモン レジェンズ アルセウス』の販売本数が発売初週で650万本を突破し、Nintendo Switchの『ポケットモンスター』シリーズとして最速・最多記録を更新している。

『ポケモン レジェンズ アルセウス』は遥か昔の「シンオウ地方」が舞台となっていて、懐かしさが感じられる一方、シリーズでは初となるオープンワールド型のゲームプレイが採用された作品となっている。ファンたちはこの従来とは異なる作風を歓迎しているようだ。

『ポケモン レジェンズ アルセウス』は発売初週でイギリス国内のセールスチャートで1位を獲得し、同じ週にリリースされたパッケージ版タイトル全体の50%を占める結果となっていた。また、直近のセールスチャートは同タイトル以外もNintendo Switch向けソフトが席巻していた。

株式会社ポケモンは公式サイトで『ポケモン レジェンズ アルセウス』のリリースについて次のように発表している。「シリーズ最新作『ポケモン レジェンズ アルセウス』が、発売初週に全世界で650万本の販売本数を記録したことをお知らせいたします。Nintendo Switchの『ポケットモンスター』シリーズとして、初週における販売本数の最速、最多記録を更新いたしました」

1月28日にリリースされたため、直近の2月3日に公開された任天堂の第3四半期の決算資料に同タイトルの数字は含まれていないが、いくつか注目すべき報告が記載されている。

任天堂はNintendo Switchの2021年12月末時点での累計販売台数が1億354万台となり、Wiiの記録(1億163万台)を上回ったことを発表している。また、Nintendo Switchは家庭用ゲーム機であるとともに携帯型ゲーム機としても利用できるものの、累計販売台数で見るとニンテンドーDSの1億5402万台やゲームボーイの1億1869万台にはまだ及ばないという。

その他のニュースとして、任天堂は先日、YouTubeチャンネル『GilvaSunner』にアップロードされていた約1300本の動画に対して、著作権侵害によるコンテンツの削除依頼をYouTubeに提出していたことが報じられている。同YouTubeチャンネルでは任天堂を代表するシリーズのオリジナル・サウンドトラックの動画が投稿されていたが、同社からの著作権侵害の申し立てを受けて現地時間2月4日に閉鎖されている。

任天堂はゲーム音楽の取り扱いに関して厳しく取り締まる姿勢を見せていたが、『ポケモン ダイヤモンド・パール』の音源が楽しめる無料サイト「Pokémon DP サウンド・ライブラリ」を新たに世界13ヵ国で公開することが発表している。このサービスでは「音楽が聴けるだけでなく、音楽ファイルをダウンロードして自分のビデオや楽曲制作に使用できる」ようになっている。

任天堂の関連ニュースとして、次世代ゲーム機にはNintendo Switch専用タイトルなどがプレイできる後方互換性があると見られている。同社はNintendo Switchが誇る膨大なユーザー数が後継機に与える影響について、「6年目を迎えたNintendo Switchは人気を維持していますが、私たちは1億人のユーザー・グループを拡大・成長させながら次世代機に繋げていく方法を模索しているところです」と説明している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ