Photo: Bungie Inc

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは米ゲーム開発会社のバンジーを36億ドル(約4100億円)で買収することを現地時間1月31日に発表している。

プレスリリースによれば、買収後のバンジーはソニー・インタラクティブ・エンタテインメントの独立した子会社として、現会長兼CEOであるピート・パーソンズが議長を務める取締役会と現在のバンジーのマネジメントチームによって運営される。

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントの社長兼CEOであるジム・ライアンは次のようにコメントしている。「『デスティニー』シリーズの誕生以来、私たちはバンジーと強固なパートナーシップを築いてきました。私は、バンジーをプレイステーションファミリーに正式に迎えることを大変嬉しく思います」

「私たちは、バンジーのコミュニティがバンジーにとって重要であり、バンジーが引き続き独立したスタジオとして成長していくことをサポートしていきます。バンジー同様、プレイステーションのDNAの中心には私たちのコミュニティがあり、プレイヤーの皆さまに対する情熱と『ベスト・プレイス・トゥ・プレイ(最高の遊び場)』の構築は、今後さらに進化するでしょう」

ソニーグループの会長兼社長CEOである吉田憲一郎は次のようにコメントしている。「バンジーは、多くのユーザーに愛されるゲームシリーズを複数開発し、今も進化させ続けているという実績があります。そして、人と一緒にゲームを楽しみたいというユーザーの動機に近づくことで、何百万人ものユーザーが集う世界を創造し続けています」

ゲーム業界では今年に入ってからゲーム会社の買収が相次いでおり、現地時間1月18日にはマイクロソフトがアクティヴィジョン・ブリザード社を買収すると発表している。なお、バンジーは過去にマイクロソフト傘下のゲーム・スタジオとしてFPS『ヘイロー』シリーズの開発を手掛けていた。また、バンジーが開発した初代『デスティニー』は日本では2014年にプレイステーション3およびプレイステーション4専用ソフトとしてリリースされている。バンジーはその後、アクティヴィジョン(アクティヴィジョン・ブリザード社)とパートナーシップを締結して『デスティニー2』のPC版をリリースしている。

その他のニュースとして、先週イギリスで販売されたパッケージ版ゲームソフトの約半数が『ポケモン』シリーズの最新作『ポケモンレジェンズ アルセウス』であったことが明らかとなっている。『ポケモンレジェンズ アルセウス』は1月28日にリリースされ、従来のシリーズの作品群とは異なる「一部オープンワールド型」などの要素を採用している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ