Photo: EA

『FIFA 22』の今シーズン19週目となる「週間最優秀チーム(TOTW)」が発表され、メンバーにはFCバイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表選手のヨシュア・キミッヒ、パリ・サンジェルマンFCに所属するイタリア代表選手のマルコ・ヴェッラッティ、チェルシーFCに所属するモロッコ代表選手のハキム・ツィエクらが選出されている。

ゲーム・モード「FIFA アルティメット・チーム(FUT)」では、現実世界の試合で活躍した選手を「週間最優秀チーム」のメンバーとしてゲーム内で選出しており、選出された選手は元のレーティングよりも能力値がアップしている。今回選出された「週間最優秀チーム」のパックはイギリス現地時間1月26日午後6時より、ゲーム内で追加購入できるようになっている。

バイエルン・ミュンヘンに所属するヨシュア・キミッヒはヘルタ・ベルリン戦で攻守ともに積極的なプレーを披露し、見事なゴールアシストを見せるなど所属チームを4-1で勝利に導いたことから、「週間最優秀チーム」のメンバーに選出されている。総合得点(能力値)は「91」となっている。

また、ヨシュア・キミッヒは特別アイテムとして登場する「ヘッドライナーズ」のメンバーにも入っており、「週間最優秀チーム」への選出に伴って「ヘッドライナーズ」でも能力値のアップグレードが行われる。

チェルシーFC所属のハキム・ツィエクは1月23日に行われたトッテナム・ホットスパー戦で見事なゴールを決める活躍ぶりを見せて「週間最優秀チーム」のメンバーに選出されている。ハキム・ツィエクは『FIFA 22』の中でも常に高い人気を誇っており、先日「スカッド・ビルディング・チャレンジ(SBC)」でのみ入手できる「モーメント」バージョンの選手カードが追加されている。

その他、ボルシア・ドルトムント所属のマヌエル・アカンジも「週間最優秀チーム」のメンバーに選ばれている。

今週の「週間最優秀チーム」に選ばれた選手と総合得点は以下の通り:

84 – ヘレミアス・レデスマ(GK)
86 – リュカ・ディニュ(LB)
85 – マヌエル・アカンジ(CB)
81 – カイル・ウォーカー=ピータース(RB)
91 – ヨシュア・キミッヒ(CDM)
88 – マルコ・ヴェッラッティ(CM)
86 – ムサ・ディアビ(LM)
82 – ゾニー・キッテル(CM)
86 – エディン・ジェコ(ST)
86 – ハキム・ツィエク(RW)
83 – ステーフェン・ベルフワイン(ST)

今週の「週間最優秀チーム」の控え選手は以下の通り:

81 – マルコ・ビゾット(GK)
81 – ダニエレ・ルガーニ(CB)
82 – ニコラ・マクシモビッチ(CM)
81 – ステフィー・マヴィディディ(LM)
82 – ボルハ・イグレシアス(ST)
82 – タミー・アブラハム(ST)
81 – ファン・ウィジョ(ST)
78 – アンドレアス・ヴィンドヘイム(RWB)
79 – エムレ・アクババ(CM)
76 – ジョエル・ウォード(ST)
76 – フアン・マヌエル・ガルシア・レイ(ST)
74 – ジャック・マルドゥーン(RW)

その他のニュースとして、宮本茂がかつて『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に登場するキャラクター「ナビィ」とそのナビゲーション機能について「唯一の心残り」と語っていたことが明らかとなっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ